スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家好!

2010. . 03
コンニチハ、最近蛇の肉を食べて気分はすっかりヴォルデモー◯、石杜です。

親に報告したところ「ゲテモノ食うより勉強しろ」とのこと。

ゲテモノも食べるし勉強もします。

p3270662_convert_20100403115620.jpg

(写真は、大勢のギャラリーを前にして調子にのった店主が召喚した蛇。
このあと、彼の手によって血を搾り取られます、、、、)

やっぱり、中国語の壁は厚い!下手な中国語を聞くのに慣れている先生や、台湾の友達とはコミュニケーションがとれるようになったけど

街の人々と話すにはかなり正確な発音が求められることを実感。

正直、日本にいたときは勉強なんて全然しなくてのほほーんと過ごして来ましたが、台湾に来て以来中国語は妥協せずに毎日勉強しています。(キラーン

テレビでAIUが報道されましたね。プレッシャーですよ、、
こっち来てから全部中国語で授業とって、生活中も中国語と日本語しか使わない。確かにこの2ヶ月で中国語は自分でもビックリするほど伸びた。ただ、

いやー、台湾だったんで英語忘れちゃいましたー、てへへへへ

、、、通用するわけがありませんよね。

このブログを読んでくれている人の中に台湾に留学をしたいと思っている人はどのくらいでしょうか??

僕は淡江大学という台北中心から40分ほどの大学にいます。

この前もう一つの姉妹校、台湾大学(日本の東大にあたる超名門)に留学中の友達と話す機会があり色々と情報交換をしました。

台湾大の規模は淡江大とは比べ物にならないほどデカい!

が、淡江大の国際寮は小さいがために常に台湾人と生活を共にでき、中国語を話す機会は必然的に多くなります。

また、台湾大のレベルはトップクラスで宿題の量も多いみたいで、英語メインで授業をとると中国語学習にあてる時間もなかなかとれないみたいです。

なんか淡江大よりの意見ばかり書いていますが、もちろん台湾大学は名門中の名門で授業、生徒の質も半端ではないし、なにより英語開講の授業が多いはずです。

その点、淡江で、グローバルスタディズ課程にマッチした英語開講の授業はかなり限られてしまいます。

台湾の大学で迷ってる人は自分の目的をはっきりとさせて大学選びをしないとギャップに戸惑う可能性もあります。

淡江大の詳しいことを聞きたい方は遠慮なくコメントください。

以上、台湾のメイド喫茶に行くか行かないかで揺れているイシモリでした!




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://turedureryugakuki.blog69.fc2.com/tb.php/73-1ea43a3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。