スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの休暇と試験事情

2011. . 07
はいどーも、こんにちは!まりっぺinイギリス(エクセター)です!(・∀・)ノ

今回はタイトルのそのまんま、エクセター大学の長期休暇とそのあとにある試験についてお話いたします。

そう、あとなんです。エクセター大学だけではなくイギリスの多くの大学が春休みや冬休みのあとに期末試験、いや期初試験があるんです。

おかげで冬休み中も頭の隅っこから試験のことが離れず、せっかくのヴァケーションを心の底から楽しむことはできませんでした(;へ;)この学生に対して非友好的なイギリスの教育制度、なんとか変えてもらいたいものです。エリザベスさーん!

さて試験ですが、私が1学期目に取っていた授業4つのうち2つだけ試験を受けます。他の2つは2学期目もまだ授業が継続するので、2学期目が終わった後に試験があるんです。

今回受けるのは「Introduction to Finance 経営学入門」と「Theory and Practice of Management マネジメント理論と実践」という授業の試験です。

経営学入門の試験では当然、機械なしでは太刀打ちできない複雑な計算問題が多く出題されます。そこで、ビジネス学科の学生は大学から支給された指定の計算機のみ使うことが許されています。ちなみにこの計算機、CASIOです!!日本製!!

マネジメントの方は、会社を経営していく上で重要な理論と実践について学びましたが、試験ではその理論の部分を問われます。(たぶん)日本の大学の試験と似たような感じで、選択問題と小論文があります。

こんな感じです!
なんで試験受けてもいないうちからこんな記事書いてるんだって思われたかもしれませんが、理由は単純に試験勉強に集中できないからです!;;
がんばります!試験前なので今回は短めに(^^;)
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://turedureryugakuki.blog69.fc2.com/tb.php/140-57e8a3eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。