スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本年は大変お世話になりました 来年もよろしくお願いします

2010. . 22
海老蔵、しっかりしろよ!お昼のワイドショー見ながらせんべい食べたすえは、そう日本に帰国しました。みなさん、達郎は聞きましたか私はばっちりです留学も一応終わりという事で今回はまとめ編になります。長くなると思いますがどうぞお付き合いください。

「留学どうだったの?」何回も何人からも尋ねられることは必至ですよね。私はいま自分の気持ちを言葉にする大変さをとても感じています。3泊4日の韓国旅行でもあるまいし、「超楽しかったよ」では自分の留学体験が全く伝わりません。例えば「アメリカはやっぱり何でもかんでもでかかったよ~」と言ったとします。確かに大きいってことは伝わるけど、何がどのくらい大きくてそれに対して自分がどう思ったのかが欠けています。漠然としたイメージも自分の言葉で表現できるようになればなあと思っていますが、まだ私には難しいようで…それでも自分なりに留学をまとめていこうと思います。

寒さ厳しいシカゴに降り立ったのが1月7日。馬鹿にしていた厚手のコートとブーツが役に立って両親に感謝。その日の気温は-16℃だった。英語を話すしかない環境に自分が置かれているということを痛いほど思い知った第一週目。日本語を話す相手がまず身近にいない。言いたい事が英語にならないイライラと「なんで私はここにいるんだろう」「これが私のしたかった留学なのか」という矛盾した疑問(留学がしたくて国際教養大学を選んだはずだったから)に苛まれた。英語を使えば使うほど心が折れ、口数は減り、一歩下がってしまう。だから仲のいい子も増えていかないし、「静かな日本人」という印象が出来上がってしまう。そんな悪循環にはまっていた。思えば私は「傷つく事」を極端に避けていた。「え、何言ってるか全然わかんない」と相手に言われたくないので話さない。だけどこれは結局自分が甘えてるだけだった。英語だって使わない限り上達していかないのに、怖がって何もしない私の弱さが出ていた。何かしなくちゃと思っても何もしない、その事を後で悔いる日々。自分何やってるんだろうと自己嫌悪に陥る…略

あれ1学期目めちゃくちゃ暗い(笑)実際学校生活で楽しいと思う場面は少なくて夏休み日本に帰った時は本気でアメリカに戻りたくないと思ったし。ホストファミリーが良い人たちだったから良かったけど、それがなかったらきっと私はダメになっていたと思う。とにかく訳が分らないまま過ぎた1学期という感じだったなあ。

8月22日再びシカゴへ。「終わらせるにはまず始めなくちゃいけない」を合言葉に自分を奮い立たせてベロイトへ向かう。2学期目はだいぶ様子が違った。どんなに「は?」と聞き返されようが何度でも分ってもらえるまで繰り返す。授業中に発言してみる。前を向いて歩く等々。当たり前なのにできていなかったことを少しずつやってみただけで生活はぐっと楽しくなった。話す友達も増えた。総数45枚のペーパーを書き終えたことで「自分書けるじゃん」と妙な自信もついて2学期目は終了した。

新しい環境では「挑戦心」を常に持つこと、少しくらいしつこく生きること、何か変えるには痛みが伴うこと(いつかの首相も言ってたっけ)、見てくれている人がいること、支えてくれる人たちがいること、自分は世界でたった一人生きているのではないこと、日本人であるということ、英語を使うということ…自分の人生これからどう生きていくのか、変えていくかこの留学から学びました。私なりの留学経験が持ててすごく良かったと思っています。きっと作れた友達の数は少ない方だし、英語も多く話してないと思う。それでも自分に大きな影響を得る事が出来ました。ここで終わりにするんじゃなくて、ここから留学を使ってさらに自分を成長させられるかが今後の私の課題です。ここで終わらせたくないし、「楽しかった」留学程度でとどめておきたくはありません。もしかしたら留学中よりも後の方がもっと成長できるのかもしれないと最近は思います。

国際教養大学を選ばなかったらきっと留学はしなかっただろうと思います。たしかに興味はあったけど「絶対」とも思っていなかったし、現状の生活に満足していただろうなと思います。アメリカにいて辛いなあと思う日が多かったけど、留学したことは全く後悔していません。留学中にマイナスに感じたことも今後プラスに変えていけるはずだし、そうじゃなくちゃいけないと思う。留学が自身を変えていくきっかけになるんだと今は思っています。最後に週末電話に付き合ってくれた両親、富山からたくさんの激励メールをくれた心友、ミネソタとカリフォルニアで愚痴を聞いて一緒に笑い飛ばしてくれた友人たちに感謝してこの場を閉じようと思います。本当にありがとう。

今回はだいぶ真面目に書いてみたすえでした。

でも…やっぱりすこし物足りないからもう少し書いちゃおっとニューヨークの宿泊先から予約したバンに乗って空港へ。途中数人拾いながら向かう。その中にビジネスマンだか学生だか分らない日本人男性(最初は日本人だと思わなかった)がいた。同じ航空会社の入り口で降り、ほぼ同時にチェックイン。どうやら同じフライトを使うよう。いや~、ニューヨークも広いのによくも偶然同じバンに乗り合わせたもんだなあと少し面白がっていた。そして「これで席隣とかだったら笑える~」程度に思っていた。飛行機に乗り込む際自分の二人前程にその人を発見。私が席に着くと前を歩いていたその人はいなくて…「さすがに隣はあり得なかったか」と思っていると「すみません」と声がかかり…やっぱりあんたか~い!!そして隣の席へ。おいおい、こんなこと起こるのかと笑いをかみ殺したすえでした。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://turedureryugakuki.blog69.fc2.com/tb.php/137-58ee0811
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。