スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざわわ ざわわ ざわわ

2010. . 13
「うわ~見渡す限り田んぼだぁ」
という光景に出くわしたことありますか?一面田んぼと言っても日本の場合は山があったり、集落があったり電柱があったり…文字通りの一面はちょっと難しいかもしれません。しかし、ここはアメリカ、ウィスコンシン、ベロイト(ウルトラ田舎)車で10分も走ればあーら不思議、見渡す限りのトウモロコシ畑へと大変身社会の教科書に載ってたでっかいトラクターで只今収穫真っ盛り。自然に囲まれた中で勉強したい、でっかいトラクターって何?そんなあなたに是非お勧めのベロイトカレッジ。申し込みは今すぐ!!

はい、新学期が始まって授業内容も大体分ってきたのでここで授業紹介しようと思います。今学期はかなり自分の趣味が入っているのでとても面白いです。今回も授業の様子と教授の様子(偏見)をお伝えしまーす。

美術・博物館学
大学が二つ美術館を持っていることで可能な授業。「日本の浮世絵を海外の美術館が多く所蔵していることは日本の美術界にとって良いことなのか」「展示方法による人種差別の可能性」など今まで考えたことのない美術館の見方ができるようになります。生徒数は18人位。主に上級生向けの授業。教授は「40代、最後の独身女貴族」です。ディスカッション式。期末課題:ペーパー15枚

音楽の歴史
吹奏楽やってて良かった!!と思うのはこのクラス。かなり内容が本格的。1650年~1900年までのクラシック音楽を学びます。モーツァルトのドンジョバンニ(オペラ)を見たり、ハイドンの交響曲を分析します。かなりマニアック。基礎的な音楽知識が無いと絶対に無理(長調、短調、和音など)ほぼ耳に頼るクラスで(教授は板書しないし、その場で音楽を聴くから準備とか無理)15人ほどのディスカッション式。教授は「見つかっちゃったウォーリー」です。期末テストあり。

日本文学における女性像
先学期女性学を取ったので、日本という言葉にひかれて取りました。半分は日本語専攻の生徒、半分が女性学の生徒といった感じです。日本人女性はいったいどういう人間なのか追求する授業。今まで扱ったのは「OLは女性差別か」「二重まぶたにこだわる日本人」「ブランド品が好きな女性」「教育ママと子供」「ガングロ、やまんば、ロリータは日本で生まれた新しい人種」等々。アメリカ人の「信じられない」といった反応がおもしろいクラスです。20人ほどのディスカッション一本勝負。教授は「日本語の話せるコナー先生、いや、ホントそのまんま」です。期末課題:ペーパー10枚

文化的見地からの数学
数学は卒業要件に必要だったので取ることを決意。「インディアンの民芸品を見ながらこれは点対称か否か」「折り紙を数学的に分析する」など計算ではない数学です。30人ほどのグループワーククラス。教授は「魔法の使えないアラフォーのハリーポッター」です。期末課題:ペーパー20枚以上

リコーダーアンサンブル
履修登録しなかったのに「お帰り!日本はどうだった?火曜日にまた授業するので都合のいい時間を教えてください」という教授からの(半強制)メールが…今学期は取るつもりなかったんだけどなあ。前回より一人減って今回は生徒二人+教授の3重奏です。ちなみに今学期の目標は(教授いわく)「ソプラノリコーダーとアルトリコーダーの持ちかえをスムーズにできるようにする」になりました。(先学期はアルトしか吹いていない)教授は相変わらず「ルネッサンス時代から抜け出して来ちゃった」です。

という訳で、今学期何が一番まずいかというと期末課題です…人生で最高の量のペーパーを12月の第一週目までに仕上げなくてはならない。最低量45枚…果たして可能なのか!?(可能とか言う前にやらなきゃ単位もらえない)生き残れるのか!?怖い…
秋なのはいいけど暖房入らなくて、遂にセーター着て寝ちゃったベロイトよりお送りしました。(だって夜10℃なんだもん)
それでは
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://turedureryugakuki.blog69.fc2.com/tb.php/122-1f7daf52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。