スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まりっぺイギリス・2ヶ月後の心境

2010. . 25
こんにちは!まりっぺの登場です(・ω・)ノ
イギリスに来て2ヶ月が経ちました。今の心境を綴ってみます。

今はホームシックからも脱出し、落ち着いています。勉強は結構大変で毎回予習復習をしなければとてもついていけませんー!お尻がぺちゃんこになるまで机に向かって勉強です!ついでに言えば、エクセター大学は坂が多多多多多多い!!坂というか、大学がはるか丘の上で私の家が大学の一番端(=丘の下)にあるので毎日ハイキング状態です!これがけっこう足腰に来るんだな~><けど丘の上にあるおかげで(洒落じゃないですよ)見晴らしがとーってもきれいです!!!!帰りは下り坂なので、お散歩気分で美しい景色を見ながらるんるん歩けますよ♪
はい、その美しい景色をご覧あれ!

帰り道


さて、最初にを強調しましたがホームシックから抜け出す前は本当に辛かったです。あんまりこういう暗い話題を書きたくはないのですが、ここは正直に。私の経験談が誰かの役に立つといいなーと思って書きます。

<着いてすぐの頃>
おーイギリスだ!犬でか!建物きれーい!じゃがいも安い!!フィッシュ&チップスー!
てな感じでわくわく!テンションがあがっていたため、多少の時差ぼけもありましたが元気でした。
<1週間後>
時差ボケも直ってきていよいよ授業が始まると、だんだん気分が落ち込み始めます。
・先生が何を喋っているのかわからない
・フラットメイトに話しかけるも「pardon?」と聞き返されてしまうし、私も相手の言ってることがわからない=会話にならない
・なかなか友達ができない
・自分はダメなやつだ。と自分をとことん責める。

おおまかにあげるとこんな感じです。これは浮かれている場合じゃないぞ。自分は一人でイギリスに来てるんだ。ということを改めて実感。今まで当たり前にできていたことが、一人になった途端にできなくなる。特に友達作りがキーでした。


AIUで英語を鍛えたから日常会話くらいできるさー!と思い込んでいて張り切って色んな人に声をかけまくったらすぐぼろがでました。自分の英語が通用しない。授業が聞き取れないとか、ネイティブの言っていることが分からないというのは予想していたのですが、普段の何気ない会話すらおぼつかないのはショックでした。その何気ない会話こそが友達作りにおいては重要。けど会話しようとしても「patdon?」て聞き返されてしまう。自分の英語って下手くそなのかなって思ったら不安になり、ストレスになり、だんだん最初の頃の積極性を失っていきました。がんばるの疲れたー友達なんていいやーヽ(´д`)ノ

けど友達がいないっていうだけで本当に寂しく感じます。「自分って一人だな」とか考えるとみじめで、そんなときにfacebookでAIUのみんなが楽しそうにしているのを見ると余計に寂しくて…。
誰かと自分を比べてしまうのは私の悪い癖です>< AIUの友達やエクセターの他の留学生が楽しそうにしているのを見ては、「自分って友達作る社交性もなければ、英語力もない、抜群に勉強できるわけでもない、留学を楽しめていない・・・悪いところだらけだ~」と落ち込んでいました。その落ち込みようがまたすごくて、まるで底なし沼にはまったかのようにずぶずぶと深く深く沈んでいってしまいました。

<どうやってホームシックを克服したか>
落ち込んだ時はよくスカイプで「寂しいよ~~!!!」と日本にいる友達に喋って話を聞いてもらっていました。我慢したり強がったりしないで、正直に辛いことを誰かに話すのは大事だと思います!そして、そういう話ができる人がいるっていうのはとてもありがたいことだって心の底から感動しました。日本の友達にはいつも支えられて、本当に感謝しています。
けどまだ根本的な問題は解決しません。スカイプし終わった瞬間にぽつーんと部屋に一人。急に現実に引き戻される感じがして、やっぱり現地で友達がいなければ寂しさは拭えないんだって思いました。どうすれば友達ができるんだろう・・・

最初の友達との出会いは突然やってきました。
ある日、買い物しに街まで出かけようとしたら、フラットメイトもちょうど出かけるところで声をかけてくれました。
シー「まり、街に行くの?」
シーはマレーシアから来ている留学生で今年エクセター2年目。年も上だしお姉さん的存在です。彼女との出会いが後々私の留学生活に多大な変化をもたらします。
「そうだよ。買い物しに行くんだ。シーも?」
シー「妹が遊びに来てるから一緒にお昼ごはん食べに行くの。一緒に来る?」
「え、いいの??」
せっかく家族と食事なのに、ろくに話したこともない私がお邪魔していいのかな。けどシーがいいと言うんだからいいか。一人で買い物も寂しいと思ってたし。ということで、一緒に食事に出かけました。

連れて行かれたのは中国人が経営している中華料理屋でした。メニューは中国語と英語表記だったのでなんとなく読めました。目に入ったのは「青椒肉絲」。思わず「あ、チンジャオロース!」と日本語で言ってしまったのですが、シーが妹と顔見合せて「なんで読めるの?」って聞いてきました。

中国語でも青椒肉絲はチンジャオロースと発音するんだそうです!おーこれはおもしろい!調子に乗って「これも読めるよ!麻婆豆腐!回鍋肉!」と連発したらすごい喜んでくれました。やっぱり外人が自分の国のカルチャーを知ってると嬉しいんだな。ちなみにシーはマレー語も使うけど、中国語で会話することの方が多かったそうです。だから私が中国語のメニュー読めて嬉しかったんですね。

マレーシアではどんな料理食べるのかなーと思って聞いてみたら、「中華も食べるし、日本食も好きよ!」と!!今度は私が喜ぶ番でした。驚いたことに、寿司とか「外人から見た定番の日本食」といったものよりもっと庶民的な、お好み焼きとかしゃぶしゃぶとかが好きらしいんです!へええーまさかマレーシアにしゃぶしゃぶがあるとは!いつか一緒に鍋を囲みたいなー。なんて思っているうちに料理が来ました。


大きな四角いお皿にほかほかの白いご飯と山盛りチンジャオロース。もーう匂いがたまんない。日本では食べる前にこう言うんだって教えて、3人でいただきますして食べました。久しぶりの白いご飯!懐かしいー!!うまい!!!やっぱりご飯は最高だー!

その日はおいしいもの食べて久々にいい気分でした。部屋に戻って今日はなんだか楽しかったな。って思い返して気付いたんです。私ちゃんとシーや妹とちゃんと会話できてたじゃん。やっぱり自分と同じように海外から来ている留学生の英語は割と聞きとることができるんだ。「せっかくイギリスに来たんだから、イギリス人と仲良くなりたいわ」なんて高望みしてイギリス人にばかり話しかけていたけど、彼らの話すスピードにも、ノリにもついていけず…。それで「私の英語伝わらないし、相手が何言ってるか全然わかんない!(泣)」って自信を失っていつの間にか自分で諦めちゃってたんだ…。
けど、今日はちゃんと会話できたぞ!落ち込むほど英語下手ってわけでもないのかも。

このことがきっかけで少しずつ他のフラットメイトやサークル活動でいつも会う何人かと徐々に仲良くなっていきました。シーのおかげで失いかけてた自信とやる気を取り戻すことができたんです。今では彼女が一番仲のいい友達です^^

留学して2カ月。友達の大切さを身に染みて感じると共に、自分がどれだけ弱い人間かということに気付きました。気付かなかったけど、今まで支えられて生きてきたんだ。支えがなくなった途端に足元おぼつかなくて、まともに歩けやしない。やっぱり友達って大事だな。そんなことを考えたまりっぺの留学でした!!また書きます!
スポンサーサイト

こんなわけで日本で働きたいのです

2010. . 06
こんにちわわ、オーストリア生活も残り2カ月弱となり、日本帰国に向けて減量に必死なえりんこです。

いやはや、食生活の違いというものはおそろしい

最近は就活という言葉が嫌でも毎日のように目に入ってくることもあり、自分の進路について考えている日々です。

そこで考えていることを、先学期の「ジャパニーズマネジメント」という授業でならった文化の違いを含めてつづっていこうと思います。この授業、わずか一週間の授業だったにもかかわらず一番覚えているのです。

先生は日本の会社とヨーロッパの会社と両方で数年働いたことがあり、双方の根本的な違いを見事に客観的に説明してくれました。

まず、日本の会社は基本的に正社員であれば"終身雇用", ですよね。つまり一度会社に就職したら
その会社で定年まで働ける制度が整っている。もちろん自分が望めば転職はできますが、それが常にうまく働くとは限らないし、転職ばかりの経歴はあまり良いイメージではないですよね。

逆にヨーロッパや欧米ではひとつの会社にずっと勤めるのは稀。どんどん転職して、キャリアアップを図っていくのが一般的です。もしあなたの履歴書にひとつの会社しか書かれていなかったら、あなたは今まで一体何をしてきたんだ?と懐疑的な目でみられます。

日本の社会では学校でも会社でもそうですが、ひとつの組織に入るのは非常に難しいですね。高校、大学受験、それから就活、これらはとても狭き門であり、あなたがそこに所属する権利を得るためには沢山の試験をくぐりぬけ、しかもそれらは多大な努力を伴うものであることが大半です。しかし一度入ってしまえば、そこは家族のように温かく、手厚くあなたの面倒を見てくれます。制度的にも。

しかし欧州や欧米ではま逆です。組織は同じ興味、目的を所有するものが集まってできている。つまり、あなたが入りたいと望めば簡単に入れるのですが、抜けるのも簡単です。組織はくるもの拒まず、去るもの追わずです。
入ったあとは競争です。あなたはその組織の中で常に一番を目指さなければなりません。みながライバルなのです。

例えば、経済が傾いてきて、企業の業績も下がってきたとします。そこで欧州、欧米の企業は人件費削減のため誰をリストラするか考え始めました。とにかく一番仕事のできない人からリストラされていきます。
日本の会社ではこれはちょっと違うプロセスです。もちろん仕事の出来も考えますが、あの人には家族がいるから、子供が何人いるから、といった私的な事情を考査してくれることもしばしばです。あるいは誰かをリストラするより全員の給料を10%づつカットすることを選ぶかもしれません。

物事の決定の仕方も根本的に違います。
日本ではみんなの意見をきき、織り交ぜながら最良と思われる策をみんなで作っていきます。みんなが納得した上での決定なので、決定するまでには長ーい時間がかかりますが、一度決めてしまえば早い早い。みんながそのプロセス、それからなぜこうするのかが分っているので協力体制が整っています。
その点、外国では基本的にリーダーが支配権を持っています。一人のリーダーが何がベストか決めちゃうんです。みんなで話しあうにしても、意見を織り交ぜてというよりは誰の策が一番か、いかに自分の案が一番か主張しあうんです。だから決定はすごく速い。がしかし、いざ実行となるといろいろな障害や問題が現れてきてそうスムーズに常にいくわけではない。

だから会社の業績が悪くても、外国では(ここでいう外国は西洋です)すぐ頭を首にしろという風潮がありますが、日本ではそう簡単には退きませんね、なぜならトップだけ変えてもそれらの判断は社員の考えに基づいたものでありそう簡単に変化は起きないからです。

それから日本はなんでも物事を長い目でみる傾向がある。努力すれば結果は後からついてくるというか、目先の利益より持続性、社会貢献性を重視する傾向がある。だから会社も人を会社で育てようとするし、トレーニングされた人間は財産になるので長く雇おうとする。

まあ理由はいろいろですが、これらが私が日本の会社で働きたいな、と思う主な理由です。

海外で就職したらどうなるだろう・・・、とも考えましたがやはり日本のカスタマーサービスに勝るものはない、(こっちでは日本では考えもしなかったことがすっごく遅かったり、何回も確認したりしなきゃいけなかったり、態度悪かったりするんですね)  と感じ、そういう点で住みやすいなと思いました。
それから言語の問題ですね。

新しい言語を学ぶことはとても楽しいし、英語を使って生活するのも別に不自由はないのですが、
一番は日本語が使えないということ!!

私が日本人のいない環境で一年を過ごしているから感じるのかもしれませんが、たとえば、日本人以外の人種って結構どこにでも沢山いたりするんですね、(特にスペイン語しゃべる人とか)、で彼らは彼らで独特のコミュニティーがあるというか、しょちゅっう集まって国の言葉でジョークいいあったりとかしてるわけですよ。
英語はしゃべれるけど、やっぱり日本語のようにはいかないのが現状で。ジョークのセンスも違えば、絶対英語にはできないニュアンスでおもしろいこととかいっぱいあって、そういうのが共有できないと、
自分ってほんとにつまらない人間だなぁ、とか思うわけです。こちらの友達には凄く恵まれてるし、助けられてます。もし会社に入って、どこへ飛ばされてもおそらく自分はなんとか生きて行けるでしょう。
だがしかし、一生を海外で過ごすとなるとこれまたいろいろ大変だなー、と考えました。


とまあ、ぼんやりと考えてはいるのですが、実際はもう雇ってもらえるだけでありがたい!!ってとこですね。

あとは前はバリバリ働いてとにかく稼ぎたい!!とか考えていたのですが、ヨーロッパで生活して、自分の時間を贅沢ではないけれど、他の人と一緒に楽しむとか、将来の家族とか考えた時に、ちゃんとそういう時間をとれる生活をしたいなーと思ったんです。自分にとって一番大切にしたいものは何か、それと仕事とのバランスをしっかり考えて就活したいなと思います。とはいえそれを見極めるのは至難の業なんですけどね・・・


以上、ブルーオーシャンストラテジーのイントロダクションの時に、友達の「この授業を通して、ブルーオーシャン(青い海)にたどりつきたいです」というコメントに対してジョークだと思って笑った私が恥をかくという屈辱を最近味わったえりんこでした

雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう

2010. . 05
秋だと思っていたらもう冬の足音がすぐそこまで。見上げれば濃く厚い雲に覆われて、冬が始まろうとしているんだろう、なんだか空が慌ただしい。心なしかいつもより透き通った空気に触れれば彼方に感じるのは…。ああ、私はいつでもあなたに会う準備ができてるっていうのに。この国には私たちを隔てるものがあるのね。待ってて、達郎。あと2週間であなたにまた会えるから…

やっぱりクリスマスと言えば(山下)達郎の「クリスマス・イブ」でしょいや、奥さんの方のケンタッキーのあの曲でもいいが。冒頭からおかしな雰囲気ですみません、もうこれだけ寒くなればクリスマスじゃん、もークリスマスでいいじゃん、達郎に会わせろじゃん!!(youtubeを通して垣間見るだけに過ぎない)な、すえです。ベロイトもすっかり冷え込んできました

冒頭のくだらない話ですが、アメリカにはサンクスギビング(以下サンギビ)という盛大な祝日があって、それが終わるとクリスマスの準備に取り掛かるそうです。だからサンギビの前から達郎を聞くのはまだ少し気が早い周りでは「10月の下旬から父とサンギビに何を食べるのか電話で相談している」というつわものも。(サンギビ、今年は11月25日。つまりは一カ月以上前からという気合の入れよう)家族と祝うことの多いサンギビは日本で言うところのお正月のようなものらしい。そして、サンギビの翌日はこれまた丁寧に祝日。その名もサンギビの翌日休み。この日はクリスマスに備えて買い物をする買物デーなるもので、地元の大型ショッピングセンターに人々が朝の4時ごろから並び、数量限定の超特価商品をどか買いするという、まるでどっかの国の福袋商戦のような光景が目にできるとか。ちなみに、こういったスーパーやデパートといった業界はサンギビからクリスマスまでの一カ月に年間総売り上げの半分を占めるのだという伝説も…いかに特別な祝日か分るってもんですね

という訳で、そういった「家族のだんらん」に留学生である私はどうすればいいのか。私の帰省先は?七面鳥食べれるの?大丈夫そういったアメリカの家庭行事も経験できるありがたい「キャンパスファミリープログラム」といったものを大学側が用意していてくれるんです。今まですっかり紹介するのを忘れていましたが、私はこのプログラムのおかげで腐らずにここで生きていけていると本当に思います。基本的に希望した留学生全員にいわゆるホストファミリーが付きます。ただ、一緒に暮らしたりする訳ではないのでキャンパスファミリーと呼んでいるようです。何を一緒にしてくれるかは家族ごとに違うので、ここでは私の家族、カーモットさんちを例にお話しします。

カーモットさんちは8人家族。両親と何と子供が6人。上は18歳のお姉ちゃんから下は4歳の弟まで。どの子もとても素直で、優しい。反抗期が見当たらない…私があのくらいの年の時は本当に…優しいパパはパナソニックに勤めていたので日本人と接する機会が多かった、そして一番上のお姉ちゃんは日本語を習っているという日本人びいきの家庭なので私を担当しようと思ったみたいです。料理が上手なママは信じられない位若くて子供が本当に大好き。もう、ママのズッキーニケーキは最高ですとこんな感じで、話しだしたらきりがないので簡潔にいきます。つまりキャンパスの中だけでは経験できない事をするため、日常生活で困ったときに相談するための留学中に欠かせない存在になること間違いなしです。今までに連れて行ってくれた主だったところは、
スケート
教会のミサ
イースターのお祭り
ミニカーコンテスト
シカゴの水族館、博物館
親族の誕生日会
ハロウィーン

…等々。先学期は近くにある図書館とイオンのようなスーパーにほぼ週一で連れていってもらってました。残念なことにうちの学校はすこし田舎にあるので「あし」がない限りキャンパスから出ていくことができません。こんな時に助けてくれるのもこのキャンパスファミリーなんです。何かをする→でも少し不安→だったらまずママに相談する。こんな構図が私の中にできています。きっと他の留学生もそうだと思います。はじめは「この子誰?」と警戒しまくり(ママの後ろに隠れていた)で、名前も覚えられなかった一番下の子が、いまではわたしの膝の上で遊んでいます。すごいなあ。ちゃんと仲間に認めてもらえたようです。ママの両親や親族が一堂に会したときは総勢23人で誕生日会をして…「鯨の味はどうだった?」といったシュールな質問も飛び出たりしましたがいい思い出です。

特に先学期は全て悪い方向に考えてしまうという悪い癖が出て逃げてばかりだったのですが、カーモットさんちのおかげで心休まる瞬間が生まれて…だからここまでやってこれたんだと思います。本当に感謝しています。ぜひ日本の我が家にも遊びに来てもらいたいなあ…

なので七面鳥を食べたいけど食べれるの?と心配することなかれ。きっとキャンパスファミリーが面倒を見てくれるはず。アメリカの一般家庭の様子、知りたくありませんか?地域との交流してみませんか?興味のある方はぜひベロイトカレッジへ!!(結局このオチかい)

12月の期末試験まで突っ走るぞと決意を新たにベロイトよりお送りしました。
それでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。