スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしめ

2010. . 28
おひさしぶりです。ごめんなさい、2か月も更新を滞ってしまいました、えりんこです。

こっちへ来てから3カ月が過ぎようとしています。早い、早い。 あと2カ月でセメスターが終わってしまう。

いろんなことがありました。そしていろいろ自分の中でちょっとした変化に気づき始めた3ヶ月目、まとめておこうと思います。

まず英語力について
学校には日本人の先輩が一人だけ、街でも日本人はみかけないし、その先輩も先日日本へ帰国されたのでほとんど日本語を使うことがありませんでした。クラスにはネイティブはあまりいないけど、ネイティブなみに話すメキシコと南アメリカの人たちがいます。あとはネイティブ並みではないけど、普通にコミュニケーションする程度なら問題ないって感じの人たちですかね。自分が一番できてない気がする・・・授業は英語、でもネイティブだったりそうじゃなかったりする
という環境のなかで3カ月過ごして変わったこと
英語を聞く、話すことに対してほとんどストレスを感じなくなったことですかね。まだまだボキャブラリーととっさの文法に問題があるものの、あまり考えずに英語を聞き、英語で答えているので、考えるというプロセスがなくなった分普通に日本語で話すように友達と英語で接することができるようになりました。簡単なことはね。
何かを説明する時とかはまだうまくいかないとき多々あるけど、人によっては聞き取れないときあるけど、なんか話すのにそんな力入れなくて良くなったっていうか、エネルギー使わないってゆうか。
あーでもそれは周りの人の英語に慣れたせいもあるかなー。普段まったくしゃべってないタイプの英語を話すひとと話すと(人とか国によってかなりアクセントとか話し方とか違ってくるんです)ちょっと分んないかなー

授業について
毎週違う授業を一週間単位でこなしているのですが、まずプレゼンが多いですね。グループプレゼン。
最初の授業でいきなりその日にグループで街に出てリサーチして、次の日にプレゼンしろって言われたのはびびりましたが、良くあることなんだとわかりました。でもグループなら助け合えるし、私はひとりだとだらだらやっちゃうのでまあ私にとってはペーパーよりも良いです。ただ自分がミスったら他のひとのプレゼンの成績にもかかわってくるのでそこはちょっと緊張しますよね。できることならしゃべりたくない・・・笑 
だってプレゼンの後の先生の鋭い指摘とか質問とか答えられるか自信ないし、だいたいその指摘すらも聞き取れるか毎回心配だよね 笑
あと最終的な成績にかかわるテストがほぼ毎週。リーディングの量は先生によります。
でも平日頑張れば、日曜日は休めるし、パーティーとかよく行ってるし、日本にいたときよりだいぶ自由時間あります。とりあえずちゃんと寝れる 笑 
今考えると、AIUでなんであんなに寝ないでいけたのか謎です。
授業の内容はめっちゃつまらないものから、めっちゃおもしろいものまで
といいつついままでこれやば!おもしろ!と思ったのは 日本マネジメントの授業だけなんだけどね。
実際日本の会社とヨーロッパの会社で働いていたオーストリア人の先生が、日本の会社の仕組みや社会、文化について西洋と比較しながら、根本的なところから説明してくれたんだけど、これが発見の連続でめっさおもしろかった!!
日本人だから、当たり前すぎて気づかない日本の考え方や仕組みが、他の国の人たちにとってはさいしょっから理論的に説明しないと全く持って理解できないことだったりするのね。
これについてはまた別の機会にまるまる一回分ブログ割こうかしら。考え方の根本が西洋と日本ではまるっきし違うのです。とても面白いと思います。
とりあえず授業は一日4時間、ずーっと同じのをやっているのでとても疲れますが、とりあえず寝ずに、集中しようと試みてはいます。でも、ドイツ語のコースはめっちゃ楽しい!!クラスメートもすごいモチベーションが高くて、どんどん使おうとするし、先生にもっともっとって感じで求めるのです。でも私は実際あまり使わないので、まだまだ駄目なんですけどね。

旅行
について
これも、もうね、留学の醍醐味だよね。日本にいたら車もないし、暇もないし、お金もかかるしでなかなか難しいのですが、ヨーロッパ、陸続きですから。
電車やバスで国外へひょいっといけてしまうのは大変便利です。それから日本のパスポート。これほど信用を得ているパスポートは見たことがありません。いろんな人の話しをきいていると、ビザとか入国とかにほんとになんでこんなに良い人なのにこんなに苦労したり、みじめな思いをしなきゃならんのだ!!と腹が立つほど面倒なことがあるのですが、日本人のそういう話はきいたことがありません。ヨーロッパ、観光ならほとんどビザなしでいけるしね。ほんと日本人はラッキーです。
というわけで、先日のイースター休暇の2週間、私はクロアチアとイタリアのベニスで過ごしました。日本では見れない景色やすばらしい体験をさせていただきましたが、それも長くなりますので後ほど。紅の豚の舞台でもあるドブロウニクのホステルでは、オーナーが私たちを家族のように温かく迎え入れてくれて、夕食もつくってくれて、私は本気で退職したらホステルを経営したいなと思ったところです。
それから、英語、学んできてほんとによかったとつくづく思います。今回の旅は全て個人旅行で計画して行ったのですが、自分がもし英語がしゃべれなかったら・・・と想像することは不可能ですね。それから思いがけずドイツ語、使いました。まだそんなにしゃべれないけれど、クロアチアでは英語は全く分らないけど、ドイツ語なら分るっていう人が結構いて、今回の旅、ローカルなところをローカルなバスで旅したりもしたので、ドイツ語にすごく助けられました。英語が通じないときにセカンドチョイスがあるっていうのはいいですね。多言語は日本では必ずしも必要なわけではないけれど、自分の行動範囲を広げたり、新たなすばらしいものを見つける可能性をドンと押し広げてくれるものだと思います。それから留学制度を作ってくれた学校と両親に感謝です。日本から一回でていろいろ見て、感じてくるというのはほんとに貴重な体験だと思います。


友達
について
同じコースにいるのがだいたい留学生で60人くらいいるんだけどなんというかもう、they are so cool!! って感じですかね。大好きです
私はもともとそんなおしゃべりじゃないし、おもしろくもないとおもうんだけど、なぜだかみんなかわいがってくれて、居心地がいいです。
でも最初からそうだったわけじゃありません。最初はパーティー行っても、英語は聞き取れないし、音楽うるさすぎて私がしゃべっても聞き取ってもらえないし、ダンスも踊れないしでとりあえず突っ立てるだけの状態でした。でもめげずにパーティー行って、会話して、そして思ったのです。ダンスが踊れればもっと楽しめるんじゃないかと。
そっから私はいろんな人に“どうやって踊るのー??”って聞きまくって、人のスキルを盗み見て、まねて、とかいろいろ工夫してみた2カ月後、
ある一人の友達が、“Eri! When you came here for the first time, you were a little girl. But you grew up! You became a woman now! (君が初めてここへ来た時、君は小さな女の子だったけど、今は成長して女の人になったね!!)”って言ってくれたのです。
「よっしゃー!!」って感じでしたね。
別にダンスやパーティーだけが全てじゃないし、それ以外のところにも友達は沢山いるけど、それらは確かに私を助けてくれたと思う。
それから、彼らと話しているといろいろとお国の違いを発見することがあってそれが面白いです。でもそれについてはまたのちほど^^
とにかく、外へ出てコミュニケーションをとること。今の私にとってはそれが留学することの大きな醍醐味だと思ってきた。

そんなこんなでオーストリア3カ月め

スポンサーサイト

階段を下りると そこは…真っ白であった

2010. . 26
これが今学期最後の留学先からの投稿になるんじゃないかな?夏が来てしまったベロイトよりすえです。
気が付けばもうラスト一週間…期末期間です
私の期末はかなり軽く(テスト一個と軽いペーパーのみ)もう夏休みのような気分です。いや、まだ終わってないから気は抜いちゃダメなんですが…もういいじゃん

それではみんな気が張り詰めている期末期間のとある朝の様子をどうぞ。

午前4時
寮全体が寝静まっているこの時間にそれは起きた。
日曜日の朝は穏やかに始まるべきだと私は常々思っている。遅めの朝ご飯はトーストにスクランブルエッグを添えて、ミルクたっぷりのコーヒーで。カーテン開けると太陽の日差しが心地よい、日曜の朝(はい、ドラマの見すぎ)


日曜の朝に私を起こしたのは…サイレンだった。
けたたましいサイレンは私の日曜の朝にふさわしくない。自分の部屋から聞こえていることに気が付いた私はとっさに目覚まし時計に耳をあてた。私の目覚まし時計にこんな音が内蔵されていたなんて…んな訳はなかった。カーテンを開けて私の目に入ったのは心地よい太陽の光ではなく、パジャマ姿でうろつく大量の学生であった。

これは大変な事が起きているかもしれないと、ルームメイトと共に部屋を出ることを決意。3階に住む私は階段を使用して1階へ向かった。3階は何の異変もなかったのだが、2階に差し掛かるとあたりは濃い煙に覆われており息ができないことに気がついた。そして1階に差し掛かるころにはその煙を吸い込んでしまった。ようやく外に出て新鮮な空気を吸う。まさか本当にこんなことが起こるなんて。

安否を確認しあう学生たち。私はふと思いだした。「火事の時枕しか持ってこられなかったんですよ」と語ったおじさんを。私ならできるね。財布くらい余裕だね…そんな私は…ドアの横にあった学生証しか持っていなかった。枕のほうがまだ使い道はあるだろうに。

そして警備員が学生を前にして言った。「誰かが消火器を使ったみたいですね。何か知っている人いますか」

え?え?あれ全部消火器なの?あの煙は…消火器なの?時間がたっても消防車が来ないのはあれが消火器だからなの?消火器って…え?

様々な思いが交錯する中、ある学生の言葉で私は悟った。
「俺これで今学期3回目なんだけど。前の寮でもあったからさ。」

よく分った。この大々的な避難訓練もどきはたいして珍しいことではない。「おい、またかよ。まったくみんな懲りないぜ☆」という次元であることが。最後に私に言わせて下さい。
「いい迷惑だーーーーーーー!」

寮では何が起こるか分りません。パーティーから始まり謎の匂いの充満する時間等色々ありますので、興味のある方はどうぞベロイト大学へ☆

期末試験頑張るぞという気が一気になくなる日曜の出来事でした。
それでは。

ぽかぽか 

2010. . 24
どうも、お久しぶりです。最近、ジーンズがぱっつんぱっつんになってきたみっちーです。
毎食腹いっぱいになるまでたべ、運動せずに勉強ばかりしていると、こうなります。
適度な運動を心がけたいものです。。。それじゃ、さっそく留学生活レポート!w


食生活について

だいぶ、慣れてきました。毎食辛いものを口にしますが、もうすっかり(?)慣れ、
今では、辛いものなしじゃ足りない!!って感じになってきています。あんまり食べ過ぎると、
脳卒中などに、なりそうなので気をつけてはいますが。。。

一番助かっているのが、お米があること!
やっぱり米がないと、だめです!自分、にほんじんだなーってこういう時に感じます。
韓国の場合、キンパブといって海苔巻の形なんですが、(もちろん、おにぎりもありますよ)、
これが種類がいろいろあっておいしい!
今まで食べた中でおいしかったのは、チーズが入ってるやつ!レンジでチンして、チーズと溶かして食べたりします。

キンパブで思い出しましたが、うちの学校においしいキンパブの店があって有名らしいです。
イファサランという店で、ご飯の時間は長蛇の列が並ぶほどの人気です。
次の記事で写真を載せようかと思います。(前回も書いた気がします。何度もすみませんw
寄宿舎での生活キッチンがないのでほとんど外食ですが、中には自炊している人もいるようです。
僕は、フィンランド人とルームシェアしてます。お互い、結構無口なので、あまり喋りませんw
これは、あかん!!!と思い、最近話しかけていますが。。。やっぱり、仲良くなりたいです、なんだかんだいって。
女のひとは連れ込まないし、結構シュールな人でいいルームメイトを持ったなーと思ってます。

最近、友達のルームメイトが女性を連れ込んで、喧嘩になったそうです。ちなみ、2回目だそうで、退寮決定だそうです。留学でルームシェアとなると、問題も多いはず。

どうやったらうまく付き合っていけるかってのは難しい問題のようです。。。


勉強について


だいぶ更新が滞っていて申し訳ないです。この一カ月、いろいろ忙しく、いつの間にか時間が
流れもう韓国に来て二カ月がたちました。ほんとにあっという間です。こんな感じで、時が流れていくのを
どうしても阻止したい!!!だって、せっかくの留学なんだもん!!!!
と言いつつ、現在中間試験の真っただ中でございます。。。。。

ちなみに今日、2つ試験を終えましたが、もう、ボロボロでした。勉強ばっかしてたくせに、
なにやってんだ、激しい嫌悪感に襲われています。。あーあ。

そういえば、授業の紹介がまだだったので、この場で少し紹介します。

1)東アジア国際関係



専攻が国際研究なので、DIS(国際研究学部)の授業を取っています。日本、韓国、台湾、中国の
国際関係について学んでます。

ちょうどこの間プレゼンが終わりました。日本と東アジアというタイトルで、
日本は今後、軍を拡張するか、というテーマで、課題のリーディングをもとにプレゼンをし、議題を考え、ディスカッションをしました。実は、自分の専攻科目を取るのは初めてで、日本では教養科目しか取っておらず、知識が足りず、だいぶ苦戦してます。それでも最近、慣れてきて、頑張れば行けるのでは?という次第です。

ちなみに、1週間にpp.50以上ものリーディングに加え、課題に対するレスポンスペーパーの提出、火曜と金曜の授業のうち、金曜にはディスカッションという、かなり内容の濃い授業になってます。慣れたとはいえ、まだまだつらいところはたくさんあります。なかなか発言ができずに苦労してます。レスポンスペーパーの出来もあまりよいものとはいえないので、今後頑張って行きたいと思います。


2)韓国の政治と外交

これはタイトルのままですw韓国の外交史と政治史をやっています。教科書は、2冊。
かなり分厚い教科書で、読むのにも結構時間がかかります。めんどくさがって、読まなかったばかりに
今日のテストは悲惨でした。。。読まなきゃ!!!!授業もレクチャースタイルで、中間、期末テストと
プレゼンテーション。先生は、「近所のおじさん」です。

3)東アジアの社会:比較社会学

いろいろ忙しい授業です。プレゼンやら、映画を見に行ってそれの感想を書いたり・・・。
とくにリーディングが多くて、他の授業と比べ物にならないくらい、どっさりと出してくるので
正直、いやですww
が、先生は「リーディングはぜったい読んでこなければいけないわけじゃないから!みんなが楽しく意見を交わしあう、それがモットーです」とおっしゃっておられましたが、毎回言っていることが変わるので、大変ですww
宿題やっててたまに、ほんとにくじけそうになりますがw、これも試練です。

内容は、東アジアの社会と女性史について。女子大学なので、女性についての学問が盛んです。
儒教思想が根付いている、東アジアの社会での女性の地位や、台頭の歴史やら、なにやら、そんな感じのことを
勉強しています。

授業の一環で「国際女性映画祭2010」で上映されていた映画を見に行きました。そのことについても後ほど、
詳しく書きたいと思います。

4)経済学入門
こちらは教養科目です。日本でやっている授業とたぶん一緒だと思います。初めて、あんな大人数で受けました、
ってほど人が多いです。ちなみに、テストがありましたが、難しかった。。。
友達と、答え合わせしたときに「お前ヤベーなww」的なことを言われ、落ち込んでます。。。。

5)韓国の伝統音楽
受けてみてわかったのですが、この授業は「韓国人が外人に韓国の音楽を説明するときに英語で説明し交流を深める」というものでした。その割には、

韓国語90%、英語10%

という、矛盾する言語使用率w 正直あせりましたが、韓国語の勉強になると思い、落としませんでした。
韓国に来る前に1年間勉強してましたが、やはり、わからないところはあるわけで。。
最近は慣れてきて、いっていることは理解できるようになってきました。これで話せるようになればいいんですけどね。。。内容は、ジャングという太鼓のような伝統楽器の実践という、極めてシンプルな内容です。
只今、試験期間中に付き行ってませんが、授業時間外の練習でよく、音楽棟に通ってました。また、練習するぞー!!
先生は、「近所の元気なおばさん」です。近所の00さんに似ています。。嘘です。



6)現代韓国の宗教と文化

タイトルの通りの内容ですが、とくに宗教を中心に勉強しています。クラスは30人くらいで講義スタイル。生徒の活発な発言が飛び交います。宿題も少なく、映画を見たりと、重くない内容になっています。韓国の仏教史や、キリスト教の普及とその問題点(韓国はプロテスタントが多く、かなりの数の教会が街を歩けばちらほらみえます)。韓国のシャーマニズムなどなど。。宗教に関心のある人には、おすすめです。

ただし、ひとつ問題点。
授業は好きなのですが、このクラスがある建物、エレベーターがないんです。。。スロープで5階まで上がらなければいけません。。。。

しかも、この前の授業は反対側の棟の最上階である14階

休み時間は15分。。ぎりぎりです。ここだけどうにかなれば後はいいのですが。。



とまあ、こんな感じの勉強をしています。多少つらいなとおもうこともありますが、興味がある科目だしこのまま頑張りたいと思います!

英語について

正直伸びた気はしません。それにやはり、韓国語、英語、日本語(日本人の友達や、日本語を学びたい韓国人の友達との交流ツール)のバランスを取るのに初めの一カ月苦労しました。いまは、だいぶストレスも感じなくなりましたが。

僕がよく授業を取っている国際研究科の生徒は英語がかなりうまく(ネイティブ並み)、帰国子女もたくさんいて、韓国人同士なのに、韓国語と英語を混ぜて話しているという感じです。


初めのころは、韓国語よりも英語を話してました。ついに留学が始まる、という興奮からか英語でのコミュニケーションが楽しくて楽しくて仕方がない時期がありましたが、今は落ち着き、韓国人にはできるだけ韓国語で、交換留学生には英語ではなしかけるようになりましたが、やはり、人みしりやコミュニケーションの面で、若干億劫になるところもあり、これから立ち向かわなければなぁと感じました。


多少問題はあるにせよ、韓国ライフ満喫してます!!次は、写真を続々アップしたいと思います。それでは近いうちに。。



P.S.

今年の4月から、新メンバーを募集したところ、約6名の方が参加してくださることになりました。
後ほど、ブログの更新があると思うのでそちらも乞うご期待!!

大家好!

2010. . 03
コンニチハ、最近蛇の肉を食べて気分はすっかりヴォルデモー◯、石杜です。

親に報告したところ「ゲテモノ食うより勉強しろ」とのこと。

ゲテモノも食べるし勉強もします。

p3270662_convert_20100403115620.jpg

(写真は、大勢のギャラリーを前にして調子にのった店主が召喚した蛇。
このあと、彼の手によって血を搾り取られます、、、、)

やっぱり、中国語の壁は厚い!下手な中国語を聞くのに慣れている先生や、台湾の友達とはコミュニケーションがとれるようになったけど

街の人々と話すにはかなり正確な発音が求められることを実感。

正直、日本にいたときは勉強なんて全然しなくてのほほーんと過ごして来ましたが、台湾に来て以来中国語は妥協せずに毎日勉強しています。(キラーン

テレビでAIUが報道されましたね。プレッシャーですよ、、
こっち来てから全部中国語で授業とって、生活中も中国語と日本語しか使わない。確かにこの2ヶ月で中国語は自分でもビックリするほど伸びた。ただ、

いやー、台湾だったんで英語忘れちゃいましたー、てへへへへ

、、、通用するわけがありませんよね。

このブログを読んでくれている人の中に台湾に留学をしたいと思っている人はどのくらいでしょうか??

僕は淡江大学という台北中心から40分ほどの大学にいます。

この前もう一つの姉妹校、台湾大学(日本の東大にあたる超名門)に留学中の友達と話す機会があり色々と情報交換をしました。

台湾大の規模は淡江大とは比べ物にならないほどデカい!

が、淡江大の国際寮は小さいがために常に台湾人と生活を共にでき、中国語を話す機会は必然的に多くなります。

また、台湾大のレベルはトップクラスで宿題の量も多いみたいで、英語メインで授業をとると中国語学習にあてる時間もなかなかとれないみたいです。

なんか淡江大よりの意見ばかり書いていますが、もちろん台湾大学は名門中の名門で授業、生徒の質も半端ではないし、なにより英語開講の授業が多いはずです。

その点、淡江で、グローバルスタディズ課程にマッチした英語開講の授業はかなり限られてしまいます。

台湾の大学で迷ってる人は自分の目的をはっきりとさせて大学選びをしないとギャップに戸惑う可能性もあります。

淡江大の詳しいことを聞きたい方は遠慮なくコメントください。

以上、台湾のメイド喫茶に行くか行かないかで揺れているイシモリでした!




イースター休暇に突入!

2010. . 03
ついに4月にですね!!

また新しい年度の始まりです
私ももう3年生!なんだか信じられません。笑

そういえば、4月1日の昨日はエイプリルフール。
世間では色んなウソが飛び交っていたようですが、みなさんはどんなウソをつきましたか?笑

そんな昨日、私達の国際教養大学にも新入生がやってきたようです^^
昨日は入寮日ということで、現在いるAIU生達がピアサポーターとして、新入生達のお手伝いしたみたいですね~。
毎年この光景を見ると「新入生若いな~。年とったな~自分。」なんて思ったりします。笑

そんな私は、現在"イースター休暇"の真っただ中でございます。
イースターとは復活祭とも言われる、キリスト教徒にとって重要なお祝い日のことです。

このイースター期間には学校も休みになるんですね~
その期間ですが、始まる時期も長さも学校(地域)によってかなり違うのです!!

<私の大学は昨日4月1日から6日まで、およそ1週間。
しかし、同じドイツ内のお隣さん、マンハイム大学はなんと3週間もあるんです!!
長い!うらやましい!!!!笑
こういったように、同じ国内であっても相当違うんです。

そして、このイースター休暇を利用して、旅行に行く学生も多いです。
ブログメンバーの中にも旅行中の学生が多いのではないでしょうか?

私は4日からイタリアピサローマに行ってきます!
ドイツに来てから初めての旅行なので、すごく楽しみです^^
有名なピサの斜塔やコロッセオ、バチカン市国などを見てくる予定です。
帰ってきたら写真と共にレポートしたいと思いますので、お楽しみに!

皆さんご存知のように
ヨーロッパは大陸続きの国が多いので、とても旅行がしやすいのです。

格安航空会社などを使えば、飛行機もとっても安く乗れちゃいます。

例えば、私が行くイタリア・ローマ。
うまく安い日程を選んだ場合、ドイツ・フランクフルトから往復40ユーロ以下
なんと¥5000以下で行けることもあるんです
これってかなり安いですよね!!

ただし、これは最安値の日をうまく選んだ場合に限ります

人それぞれの旅行日程があると思うので、もちろんこれ以上することもありますよ!

それから時期に注意
イースターや夏休み等、休暇中はかなり割高になります。
私のチケット代もかなり高いです。苦笑
旅行プランと航空会社のチケットページを睨めっこしながらも、なんとか決めました。笑

せっかくヨーロッパにいるのだから、これからも色々な国を旅行したいですね~^^
自分のお財布と相談しながら(笑)うまく旅行したいな~と思います!

国際教養大学では、そろそろ春休みも終わり。
ブログを読んでくださっている学生の方の中にも、学校が始まる人も多いのではないでしょうか。
新学期、新しい気持ちで臨みたいですね!
それではまた~~

チェコな食べ物

2010. . 01
Dobry vecer! はやあやです。
先週末からチェコもサマータイムに入りました。
わたし個人は季節の変わり目のせいか風邪ぎみでちょっとつらく、久々に味噌汁をあけてほっとしたり


今日はチェコの食べ物についてちょこっと触れます

チェコは内陸国のため、肉料理が多いです。
が、おもしろいことに、クリスマスは肉ではなく川魚(鯉)を食べるのだとか!
付け合せの野菜は、生よりも刻んだキャベツやキュウリの酢漬けがよく出されます。

下にいくつか代表的な料理を紹介しますね。

・グラーシュ
グラーシュ
いわゆる豚肉と野菜のシチュー。クネドリーキ(チェコの主食で、蒸しパンみたいなもの)をつけて食べます。
この写真は学食のもので、サラダもついて約30コルナ(約150円)!
学食(メンザと呼ばれている…ドイツ語?)にはいつも3つくらい日替わりで安いメニューがあって、そのうちのひとつは大抵グラーシュ。定番です。
ちなみに学食では、あらかじめお金をチャージした学生証をピッとかざしてお会計します。

・ヴェプショクネドロゼロ
すごい名前ww 豚肉のロースト、クネドリーキ(蒸しパン)、ザワークラウト(キャベツの酢漬け)がワンプレートになったもの。ヴェプショ=豚肉。クネドロ=クネドリーキ。ゼロ=ザワークラウト。
チェコでお肉といったら豚肉がおいしい^^!

・ブランボラーク
じゃがいものお好み焼きみたいな感じ。にんにくとスパイスがいい味出してます!

・スマジェニー スィール
チーズフライ。いちど目の前の人の注文を見て、大きな魚フライだと思って同じのを頼んだら、衣の中身まるごとトロトロのチーズでびっくりしましたwwベジタリアン用なのかな?しかも付け合せはたっぷりのフライドポテト!おいしいけどカロリーがすごそうです・・・

・メドヴニーク
DSC00537_convert_20100401050809.jpg
チェコ伝統スイーツのひとつ、はちみつケーキ。ふんわり、しっとり、さっくりしていてとーーーっても美味しいです!甘党の人にはぜひ食べてほしい。わたしは行く先々のカフェやレストランでリピーターしてます←
この写真は、寮からすぐ近くのパブみたいなお店で夜中11時ごろ食べた時のもの

・パラチンキ
チェコのクレープ。こちらも定番デザートのひとつらしい♪まだ食べたことないので今度試してきます!


ああ、お腹の虫が…


* * *


日本は春休み、世界中に散らばっているAIUの仲間たちもイースター休みに入った頃でしょうか。。
マサリック大にはなぜか春休みもイースター休みもありません^^^←

でも、友達はそんなのおかまいなしに授業休んで旅行しまくり・・・えーw


わたしもさすがにおかまいなしにとはいきませんが^^;金曜は授業ないので、主に週末の3日を利用していろんなところに行ってます!
3月は、前の記事にも書いたけどクロアチアと、その次の週末にハンガリー、先週末は北イタリア。
4月の予定はプラハ&国内の地方観光都市、オーストリア(片道バス2時間、日帰りの旅!)、ポーランド、スロバキアなどなど!
そして5月は…試験勉強やペーパーに追い込まれる予定☆

チェコの中でもブルノは、国際バスや電車などの交通網が発達した、旅行に便利な都市。空港もあります(使ったことはないけど)。普段の食費と寮費と交通費が安い&陸路で国外旅行が簡単にできてしまうから、ついよくばり旅行したくなる^^;

さて、ここでなんですが、実は個人でブログやってます。
ぐだぐだ更新ですが、こちらに毎回は書ききれない実際の生活費や旅費の出費とかは興味のある人には参考になるかも?! 他にももっと有益な情報提供していく予定なので…これからしていく予定なので(笑) よければどうぞ^^
http://a-f-c.jugem.jp/

せば!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。