スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕とソウルと懐かしい友達

2010. . 27
アニョハセヨー!ども、今週の水曜日に韓国に入国!報告が遅れてしまい、申し訳ないです。。。
みっちーです。やっと、更新できるのがうれしい!



24日についに韓国に入りました。
空港では、大学のPeace Buddy っていう留学生を支援する団体の人が
迎えに来てくれていて、助かりました!ちょっとだけ習った韓国語で会話しましたが、
バディーのヒリンさんはとても日本語がうまくてびっくりしました。いやー、韓国語で会話できるように
日本語は控えようと思っていたのに。。。いや、これからだよね!なんか、自分の気持ちをうまく話せないのは
キツイ!最初の学期は韓国語の授業を取るつもりはないので、サバイバルで覚えていきたいと思います!

そして、バスに乗って梨花女子大学前ってとこでおりました。が、さらに歩かないといけないらしく、タクシーを使いました。そして、ついたはいいけどまた歩かなくてはいけなかった。。。とにかく広い!迷子になりそうだなー(この次の日、ほんとに迷子になりました。

そして、そのあとヒリンさんともう一人日本人の方と一緒にご飯を食べに行きました。
近くのお店に行ったんですが、やっぱり、辛いんですねw
めっちゃ長い春雨を食べました。鶏肉が入っててとてもおいしかったです。写真、、取り忘れてしましました。。
今度は必ずとります!!笑

ちょっと短いですけど、次回続きます。
スポンサーサイト

淡江大から

2010. . 21
どうも!明日からいよいよ淡江大での授業が始まるので今のうちに更新しておこうかと。

昨日は淡江大の室友とその友達(二人ともコリアン)と夜の淡水へと繰り出しました。
(ちなみに淡江大の寮は3人部屋ですもう一人の室友は台湾人の大学院生。)

淡水は大きな河が海に流れ、夕日もキレイな台湾でも屈指のデートスポットとのことです。

河沿いには沢山の店が軒をつらね、夜遅くまで営業しています。

二人のコリアンは2年間の兵役を経験しており、射的の店ではほぼノーミスで的を居抜いておりました。
こんなのあの時に比べれば、、、と笑う彼らでしたが、笑うに笑えませんでしたね。

台湾では旧暦の新年のお祝いが連日続き、淡水でもひっきりなしに花火が打ち上がっていますが、コリアンいわく

実践の射撃だと、このくらいの音がでるよ。

と、いたって冷静。

これも笑うに笑えねー!

日本は平和です。


台湾に来てから周りがみんな優しくて明るいので、そんな人たちの中にいると僕の性格も変わって行くような気がします。それが良いか悪いかはわからないけど、外国に一年住むってそういうことなんだなあと、ついて2週間しかたってないけど実感しています。

ご飯もおいしいです。でもやっぱり日本食よりずっと油っぽいから慣れるまでは大変でした。
一度、油がきつくて、お腹をやられたんですが、政治大の先輩やら、台湾の友達のお父さんやらが介抱してくれて今は落ち着いています。

ほんとにお世話になりっぱなしだなあ、、、

早く学校生活になれて現地人化するのが今の目標ですね!



パソコンが上手く動かなくてフェイスブックとか載せられなかったんで、ちょっとですけど写真をアップしてみます

P2110485_convert_20100221125831_convert_20100221133253.jpg


海賊版のクオリティ高し


龍山寺


台湾では爆竹やら花火やらで新年を祝います

ブルノ到着

2010. . 19
Dobry den(こんにちは)!

チェコ、ブルノからはやあやがお送りします:)

現地時間2月12日の午後にフランクフルト経由でプラハからチェコ入りし、プラハのホテルに1泊して、翌日13日にもう1人のAIU生の先輩と空港で落ち合いました。そこからはチューター(チェコの学生で留学生の手伝いをしてくれる)の女の子が案内してくれて、バスやトラム(市電)を乗り継いで無事に大学の寮に到着しました。

さて、今日はブルノとマサリック大学について。

以前にもちょっとだけ触れましたが、国の西半分ボヘミア地方にある首都プラハに対して、ここブルノは東半分モラビア地方で最も大きい、チェコ第2の都市。日本で言ったら東京と大阪みたいな感じなのかなw とはいってもブルノの人口38万人。(目安:秋田市の人口32万人)
ちなみにブルノは学生の街。いくつか大学があって、授業が始まる来週には街全体が学生であふれかえるそう…その数なんと60000人(学生だけで)!
ほとんどの人は基本、トラム&歩きで移動してます。寮から3~5分歩けば最寄り駅、5分間隔くらいで走っているトラムに乗って中心街まで簡単にいけるのでとても便利。定期券(3か月分で3000円強)を持っていれば乗り放題です。大きなショッピングモール、レストラン、カフェ、本屋、服屋、何でも揃ってます。なんか違うけどのりとか豆腐とか寿司キット(?)とかも売ってますww

私たちの通うマサリック大学は国で2番目に古い(1919年)、歴史も規模も大きい大学。AIUの資料によると、学生数43000人!!うち留学生730人。今学期わたしたちと同じように新しく来たのは見た感じ100~150人くらいだったかな。もっといるかもしれません。
ここには西ヨーロッパや北&南アメリカからの留学生もたくさんいますが、ポーランド人、フィンランド人、リトアニア人、ボスニアヘルツェゴビナ人…日本人の私からすると珍しい(?)国からの友達ができてちょっと感動しましたwアジア人も少数ながらいます。が、街ではほとんど見かけません。オーストリアのえりんこと同じくかなりじろじろ見られます。これは慣れが必要かな…

brno1
大学周辺。この写真は写りが悪いですが、尖がった建物の奥に写っている左右の建物はどちらも大学です。
マサリックには全部で9学部くらいあって、場所がかなり離れている学部もあったり。
ちなみにこの写真には映ってませんが、このすぐ手前にはチェコの最高裁判所もあります。

その昔、チェコの大学といえばカレル(チャールズ)大学がプラハに1校あるだけでした。しかも授業はドイツ語。そこで、当時の大統領マサリックが「チェコ語で開講される大学をチェコに作りたい!」といって作られたのがこのマサリック大学です。
って昨日ブルノツアーのガイドさんが言ってました。いいね!


こっちに来てちょうど1週間が経とうとしていますが、わたしはまだまだ慣れないこととかびっくりすること(これはまた後に書きます)の方が多くて試行錯誤しながら生きてます。でもすごくおもしろい!
それから町並みや景色は本当に綺麗。なんて文字で言っても伝わらないと思うので、クリックで拡大してください↓
brno2
丘にある教会の上から見えるブルノの街


書きたいことはたくさんありますが、また追々アップします:)
はやく暖かくなるといいな…まだチェコのお日様に会っていない;

Na shledanou(さようなら)!

若いということ

2010. . 18
こんにちは

こちらに来て3週間目に突入し、やっと慣れてきて快適なオーストリアライフがおくれるようになってきました、えりんこです。

前回の記事で少々疲れているような感じをお見せしてしまいましたが、もう大丈夫です!

やっぱり慣れって強いです

2月中はドイツ語のコースしかないので、そして金曜日は授業ないので、割と週末暇なのですね。

そこで、土日を利用してオーストリアのとてもきれいな街、ザルツブルクに旅行に行ってきました

前回、次はクラスについて書こうかなとか言ったけど、忘れないうちに記録しておきたいので今回は旅行について書かせていただきます。クラスについてはまた後ほど。

ザルツブルク(Salzburg) は私の住んでいる街、Grazから電車で4時間の西の方にある街です。4時間といっても、なぜか電車は行ったり来たりを繰り返していたので、(ジグザグ運行ってことね)多分車だともっと早く着くことができるでしょう。
電車は学生カード(20ユーロ)を作ると、大幅に割り引きされるのでそれを使って行きました。
確か本当は片道48ユーロくらいだったと思うけど、20ユーロで行けました
これだけで元が取れている!すばらしい!
ちなみに他のクラスメイトはイタリアのベネチアに行っていましたが、それも片道20ユーロだったそうです。
うん、いいですね。このカードはどのくらい有効なのか分りませんが、とりあえず半年は大丈夫なはずです。

SalzburgのSalzは塩を意味します。その名の通り、こちらの城塞には塩が沢山運ばれてきて、それにより食糧の長期保存が可能になり、城塞は長いこと戦に耐えられたそうです。

ではみなさんが実際行っても楽しめる程度に写真を載せていこうと思います。


ザルツブルグにはきれいな庭が沢山あるのです。
Salzburg+438_convert_20100218001859.jpg
こちらが友人の持っていたガイドブックに載っていた写真

そしてこちらが私のとった写真・・・





















Salzburg+439_convert_20100218001748.jpg

・・・・雪しかない・・・・
全く同じ場所・・・・

みなさんには春から夏にかけてくることをお勧めします 笑



Salzburg+462_convert_20100218001952.jpg
しかし、街なみはところどころに小さな石畳の通りがあってとてもかわいらしいです。
縦になってしまってごめんなさい。店の看板が金属でできていて、それがいっぱいつるさがっていてきれいです。



Salzburg+481_convert_20100218002121.jpg
こちらはDomと呼ばれる教会
この前でギターを演奏している人がいました。ちゃんと寄付してきましたよ。
がしかし、この前のルーブル美術館のパクリのようなものは一体・・・・?



Salzburg+618_convert_20100218002042.jpg
観光客用の馬車がいっぱい
時たま街はまるで中世のヨーロッパでした。運転している人もそんな感じの格好をしているんですよ。



Salzburg+517_convert_20100218002242.jpg
こちらが夜のザルツブルグの街並み。橋の上から取ったのですが、とーってもきれいでした
向こうに宮殿と城塞が見えます

が!寒い!寒い!寒すぎる!!
多分-10度くらいにはなっていたでしょう。南のGrazから来た私たちにとっては過酷な寒さで、逃げるようにホステルにかえりました。


Salzburg+520_convert_20100218002159.jpg
こちらが私たちの泊まったホステルの部屋。

で、私が本当に書きたかったのはここからなんですよ!!

実はユースホステルに泊まるのは初めての私。
一泊17ユーロといわれて、どんなものかと思ってドアを開けたら・・・

ん・・・・・??

男の人・・・・・

知らない男の人がいるぞ!!

この人たちと一緒に寝なきゃならんのか・・・

そうです。私はちゃんと話きいてなかったから気づかなかったけど、一番安い、男女問わない8人部屋をえらんでいたようです。
ちなみに女子のみの部屋も選べます。部屋が空いていれば。
それからホステルには最低限のベット、シーツ、枕くらいしかありません。シャワーはフロアにいくつかあってそこで浴びるのですが、シャンプーもタオルもありません。それからバスルームが汚い場合があるのでビーチサンダルは必須です。が、ホステルの食事は割と安く、アルコールも割と安く←、全部で30ユーロもかからないでしょう。
ホステルの説明はこれくらいにして、
その夜、私は「うーん、知らない男の人たちと一緒にねるのはちょっと微妙だなー。仕切りもカーテンもなんもないし」なんて思っていたら、
同室の彼らが私たちをホステルのバーに誘ってくれました。

8人部屋だったけど、その日泊まっていたのは6人。
韓国人とブラジル人の私の友達二人と、メキシコからきていた女の子と男の子、それからオーストラリアから来ていた男の人です。ちょっとお酒も交えて彼らと数時間にわたってお互いの国のこと、文化や言葉、たわいもない話をしました。みんな20歳~22歳と近い年で、さすがユースホステル。
そして分ったこと。
世界中の人と話をすることは非常におもしろい!!色々なとこを旅してきたり、日本とは全然環境の違う場所で育った彼らの話をきくことは、興味深かった。どんなとこに行って、どんなことをして、どんな考え方をするのか。
そして一言では説明できないけど、彼らはひじょーに!!いい人たちだったのだ!!
お世話になった彼らの写真を載せたいけれど、一応人の顔なのでここでは控えておきます。><
そんなこんなでちょっと夜ふかししてしまったけれど、その夜は快適に眠ることができた。
朝起きると、メキシコからきていた二人はもう電車に乗るからと言って別れなければならなかった
そして彼らはもう使わないからといって、自分たちの買ったザルツブルクカード(これを持っていると、制限時間内は観光名所がタダになる。)とバスのフリーチケットをくれた。そしてハグしてバイバイしちゃったけど、私は彼らが旅行を楽しみ、無事に家に帰ることを祈ってやまない。
そしてぜひまたどこかで会いたいな。そして今回のお礼をしたい。

次の日はそのカードたちのおかげで、ほぼお昼代だけで観光できた!
写真に写っている城塞の中も見学できた。日本語のガイドもついていてなかなかおもしろかったですよ。
そして塔の上からザルツブルグの美しい街が一望できます。

寒かったけど、雪いっぱいだったけど、
それよりも大きな収穫を得れた今回の旅。来てよかった。そして素敵な彼らに出会えてよかった。
素晴らしい人は秋田にだけいるんじゃなかったんんだね!!

タイトルにもあるように、若いということ。
やればなんでもできるとは思っているけど、やっぱり若い時にしかできないこともあるんんだな、と感じました。
ユースホステルに泊まって、同い年くらいの世界中の人と語ること、ツアーとかじゃなくて、自分の足で観光すること、それから身体的にお城に登ったりするのはエレベーターなどないので限界があるということ。
この留学中にできるだけ沢山のところを訪れて、沢山の人に出会いたいとこころから思わせてくれた今回の旅、非常に有意義でした。

ありがとーう!ザルツブルグ!!ww



では、明日はドイツ語のテストがあるのでそろそろ勉強したいと思います。笑




勉強と松ぼっくりとご飯の話

2010. . 15
こんにちは~。ゆうなです

今週は金曜に会計のテストがあったので、

勉強、勉強な週でした

頑張ったど~。

来週もテストだからまた頑張るど~。

勉強をどうしてもやりたくない時は、音楽を聴きながら

勉強するか、やらなきゃないことを整理すると、

あ~やばいなって思って少しやる気が出ることを発見しました。

今日はやらなきゃないことリストの整理さえ、さぼってますが。

これ終わったら、やる(笑)

かも

この間勉強中に、ゆうこのipodを借りて、

久しぶりに平井堅を聴いたら、泣けてきました。

勉強の時は洋楽がいいかな~

ふふっふふ~♪

そういえば、大学周辺に巨大松ぼっくりがたくさん落ちてて、

私のグーの手が二個分くらい大きくて、感動したので、

部屋にひとつ飾っています。

しかも、りすが松ぼっくりを食べると、

エビフライのような形になるので、また感動です

すごい!!!

あと、そういえば、ここアーカンソー州はアメリカで

米の生産第一位らしいです

食堂で白いご飯や、ピラフのようなものがよく出ますが、

日本のお米と違って、さらさらというか、一粒一粒が独立している感じです。

フォークでも大変なので、箸じゃ食べられないです。

もちもちしない米ですが、これはこれでいいと思います。

食感はぷにぷにしてます。

個性が強い感じです。

日本のお米が食べたいなぁ

炊きたてのご飯で作ったおにぎりが一番恋しいです

シンプルなものが食べたくなります。

手のこんだものも好きだけど。

こっちで、インスタントのとうふ味噌汁を買いましたが、

(キッコーマンの)味噌は粉末で、

とうふがとうふじゃなかったです(笑

これはこれでいいかと自分を納得させました。

ここ何日かはルームメイトの子がバスケの遠征に行っていて、

部屋にいないので少し寂しいです。

じゃあこれから晩ご飯です。

ではでは

覚悟

2010. . 15
こんにちは
ご無沙汰してました、みずきです^^

いや…ってゆうか私もまさかのいまだイン ジャパン(byこうへい)ですが何か…?


でもそんな私も、もうすぐ旅立ちます
19日成田発、20日の朝にオーストラリアのブリスベンに到着します。


正直、冬休みに入ってからのここまでの時期は、地元で友達に会いまくって遊び、成人式や同窓会に顔を出し、秋田に行ってまた遊び…と、遊んでばっかりでした。


実を言うとまだトランクに必要そうなものを投げ込んでいる状態で、え?荷造り?それって食べれる?ってぐらいなぁんにも荷造り終わってません…


でもここ2ヶ月で色んな人と会い、それは懐かしい友達や久々に会う先生や大事な人々だったわけですが、みんなに励まされみんなに支えられ、留学って1人じゃ絶対できないんだなぁ…と気づきました。


物理的な手続きもそうだし、これから長期間海外で生活するための心の準備というか、覚悟という面でも。
きっと向こうで予想以上に英語しゃべれなくて、凹みまくって、ホームシックかかって、、、となるんだけど、そうなったときに思い出すのはそういう大事な人たちで、その人たちに頑張ると約束したからこそ、辛くてしょうがない時でもなんとかやっていける、そういう支えって留学に不可欠だと思います。


それに気がつけたので、この2ヶ月は実りのあるものでした。
そして、TOEICに向けて練習したり、ラジオ英会話をやり直したりして、英語も少しはましになったかな^^;?
今は覚悟ができて、留学に向けて一直線です



ちなみに。。。

オーストラリアは自国の生態系や自然を維持するため、食べ物や植物の持込にめちゃめちゃ厳しいんです

昔いちどだけ行ったことがあるんですが、友達はカレールウとそうめん(笑)を見事に没収くらってました笑
没収されたものって税関の人がhahaha!今夜はカレーだ!とか言って、こっそり楽しんでるんですかね?笑


とにかく日本の食べ物をほとんど持っていけないとあって、ちょっと残念ではありますが、ま、

豪に入っては豪に従え(オーストラリアだけに)

ってことで、どーせなので日本をいったん忘れ、向こうの食文化やらなにやらを堪能しまくりたいと思います^^


あーちょっと、寒いとか言わないでください


では、お次はオーストラリアから更新します

ついに・・・・。

2010. . 13
ども、ご無沙汰です。実は私、ついに・・・、


一年間住んだ学生アパートを退去しました!

ごめんなさい。まだ、日本です。いつものことなのですが、会う後輩や友達に

「みっちーっていつ韓国いくの???」

大概その質問を4,5回、同じ人にされます。
ぼくだってはやくいきたいよ!!

日本にいる人は、おれとチェコ組とドイツ組ですね!早く行きたいねー!

そういえば、タイトルにもある通り今日、引越を終わらせました。
山場を乗り越えた感じですね。ちなみに、引越の期間、毎日のようにふる雪を頭に積もらせ
わっせわっせと荷物を渡す人のところまで行ってがんばった自分。サンタクロースってこんな気持ちで
荷物配っているのかなーと思い、サンタさんって忍耐強いなとくだらないことを思った、午後8時。

そういえば、向こうで取る科目を決めていたので、書いてみます。(どんな授業かはいざ行ってみないとわからないですが。

・NGOと国際社会
・東アジアの国際関係
・現代韓国の宗教と文化
・韓国の政治と外交
・韓国の伝統音楽演奏
・経済学入門

これが春学期に取る予定の科目です。でも、実はこれ昨年のシラバスを見て考えたもので、
正式に2010年度版によるとすでに、1つ時間の都合上とれない科目が出てきました。そして、先輩に聞いてみたところ、教授方もシラバスどおりに開講しないらしく、たまにシラバスにはあるのにとれない授業もあるとか。。。。
ほかの人は、交渉しているみたいですが、やっぱ、緊張しますよね。。。おれ、こういうの苦手なんです。。それに、取れなかったら違う科目に変えてもいいかなーって思ってます。とにかく、行ってみないとわからないですねー。

留学先の科目は、どれも楽しそうな科目ばかりで、しかも、単位交換がしやすい!
(AIUの授業は3単位から1単位で、自分の行く大学も3単位から。)

なので、韓国に留学を考えてる方、(とくに女性の方!)ぜひうちの大学に来てください!!面白そうな授業がいっぱーい!

ちなみに、AIUの学生は、コースマッチングという作業を留学前にやらなければいけません。
コースマッチングとは??

留学先のシラバスを見て、自分の取る科目とAIUにある科目と交換をスムーズに行うためにひつような作業。
なかには、6単位が標準の授業を開講してる大学もあり、単位相互がちょっと複雑なんです。あらかじめ、この作業をしとくと、成績をしっかり取っていれば、帰国後スムーズに卒業単位として認めてもらえます。

ちょっと難しいですね。じぶんでも、説明するの難しかったです。
でも、こんな感じの作業をしつつ、ビザをとり、申請書をだしで、留学準備は大変なんです。
それに加えて、正規の授業、宿題、バイトで追われるとあっという間に一か月なんてすぎてしまうんです。
大変だったなー、去年の暮。

そうこうして、留学にたどり着くんです。だから、一通り作業が終わった後の解放感が何とも言えないんです!!






ただし、終ったからと気を抜きすぎると、引越し準備で地獄を見るんですねww



ま、そんなことで、ようやく迫った留学に胸を膨らませつつ、今日も図書館の一角で
本を広げるミッチーでした。じゃね!

オリンピック開幕

2010. . 12
今日食べたもの。
いも。
昨日食べたもの。
いも。
先週食べたもの。
いも。
先月食べたもの。
いも。
残念ながら明日も食べるもの。
いも。

もはや「いも」のせいで画面上も精神的にもゲシュタルト崩壊すえです

昨日、石杜君の記事を読んで愕然…なんて充実した食生活が待ってるんだろうかと。
やっぱり食生活はお国柄が出ますなあ!
私のカフェテリアは絶対に何かしら「いも」が毎食提供されます。バイキング形式なので別に食べなくてもいいんです。でも食べちゃうんです。実はいもが大好物なので

隣で中国人の女の子が「こんなに脂っこいと食べたくない」と言っていて「そうだよね~」と答えながらほうばる「いも」。何だかんで気が付けば皿の上にいる「いも」。きれいさっぱりたいらげちゃった「いも」。アメリカに興味がある方はぜひ自分なりの「いも」を探してみては?

はい?

大きく脱線しました。それでは留学記スタートします

前回に引き続き授業の紹介第二弾です。

フェミニズム入門
そもそもフェミニズムなんて全然知りませんでした。初回の授業で知ったんですが、アメリカではフェミニズムの教育が高校時代からなされてるとのこと。つまり、学生はある程度「フェミニズム」という概念を持ってるんですね。やっぱり教育システムの差を感じます。フェミニズムとは女性が男性と同じ権利、給料や家庭環境が持てるように運動することなんだそうです。ただ、このフェミニズムも色々派閥のようなものが存在するらしく、更に詳しく分類して勉強してます。こちらもディスカッションクラス。男性は15人中2名。教授は「アメリカ人の働く女性の象徴」といった感じです。とてもいい教授です。もう本当にいい教授です。詳しく知りたい方はぜひうちの大学へ

アメリカ文化と映画
これは正直言うとESL(=English as a Seconld Language)という第二言語が英語の生徒向けのクラス。つまりは留学生向けのクラスです。内容はAIUのEAP3と全く変わりません。勢いで取ってしまいました。留学生と仲良くなるにはいいかもしれません。全員で10人です。

リコーダーアンサンブル
どうしてもオーケストラに入りたくて教授に掛け合ったんですが、私の演奏したい楽器は貸し出しがなく…「あ、リコーダーなら貸してあげられるよ?」という教授の一言でこの歳で本気でリコーダーを吹いています。そして気が付きました。私は少しリコーダーをなめてた気がします。ちなみにヤマハのプラスチックのアルトリコーダーが私の今のお供です演奏するのはルネサンス時代の曲がメインでたまにモーツァルトやビゼーなど。リコーダーでここまでやるのか!?という曲が目白押しです。生徒は3人。教授も入れて毎回4重奏やってます。バスリコーダーは壮観ですよ。教授は「え?時代間違えてませんか?」です。詳しくはご自身の目で確かめてくださいね

というわけで、私の大学の特色は少人数学級、ディスカッションと言ったところでしょうか。クラスを観察すると寝てる人は絶対にいません。ノートを全く取らない人や、終始何か書いている人(そしてそれはドラゴンのイラストだったことに気が付く)ハンバーガーを食べてる人(お昼時だから?)みんなばらばらのように見えます。やる気があるんだかないんだか分らないんです。が、ちゃんと自分の意見を言うんですね。しかもほぼ全員が何かしら言います。「いっつもあいつしか言わねえじゃん」なんてことは起きないんです。ハンバーガー食いながら考えてるのはカール大帝なんです。ああ、恐ろしい、アメリカ人!私も「いも」を食べながらフェミニズムにつて語りたいものです(何か違う?)


―カフェテリアにて―
「そういえば、春休みの予定はもう決めたの?」
え?春休み?何の事?

次回に続きます。それでは。

台湾,我到了!!

2010. . 11
どーもー! ついに台湾からの更新になります。こうへいです。

今は台北のゲストハウス”山田屋”に住まわせてもらっていて、2日目だというのにもう店番を任されています。

昨日、成田を出発したのですが、自身初めての国際線ということもあり、トラブルが重なり、9時ころにゲストハウスに着くつもりが、日をまたいだころにやっとのことで山田さんと合流しました。

飛行機で隣に座った台湾の女の子に中国語で話しかけられました。筆談も交えながら、色々と話しましたが正直何言ってるのか全然わからんかった…

その女の子、僕が、台湾駅までどうやっていけばいいの?って聞いたらわざわざ日本語ができるっていう同じ飛行機に乗ってたもう一人の学生を紹介してくれました。

しかし、飛行機の中で書いておけと言われていたらしい、入国審査書みたいなのまったく書いてなかったため、長蛇の列に二回も並ぶことになり

既に1時間くらい経過してて、さすがにもう待たせられないので”你可以先走,感谢你!"って何回も言っても、ずっと待っててくれた!ほんと申し訳ないし、感謝。

その後、その子が僕の泊まる予定のところまで一緒にバスに乗ってきてくれて無事着くことができました。
この時既に12時を回ってて、それにもかかわらず何も知らない僕をホテルまで連れてきてくれたなんて、、、
感謝しきれません。

今日は昨日着いてからほとんど寝ずに街に繰り出しました。以下、感想です。

なんか匂いが違います。

バイクに何度も引かれそうになりました。人のこと気にしないでつっこんでくるし、そもそも数が異常に多い。

バスケット人気ヤバい、、、スポーツ店行ってもバッシュしか売ってないし。

たどたどしい中国語で道を尋ねるとすごく丁寧に説明してくれる。

料理のバリエーションと味のクオリティが半端ない!

三時間でかなりの箇所を蚊にさされる。

確かに熱い、けど街はほとんど屋根がかかった通りになっていて助かる。

台湾人じゃないって言うと、日本人?中国人?って聞かれて、日本人っていうと、好!!って言われる。

やっぱり台北は都会だけど、古い街並みとの調和が絶妙。

治安は良いけど、駅で君日本人だよね??20元でいいからください。って言ってくるような人も多いのも事実。

うーん、言ったら数え切れないので、今日はここまで!
授業はあと1週間後なので、明日からは温泉行ったりしたいと思います!それでは再見!





え?いつの間に2月なっとたん・・

2010. . 09
こんばんわ~★
エクセター(イギリス)にいます、あやなです
こっちに来てなんだかんだで、、
もう3週間経ちました!
うん、早い
けど毎日充実した日々を送ってます

みんなも留学生活1カ月突破してたり、
もうほとんどが現地入りしたみたいですねえ

ん~今日は授業のことついて
まとめたいと思いまーす

まず授業は、4コマ取っています
というか、4コマまでしか取れないみたいです
でも結構十分な量になるので!

今セメ(今学期)は、、
第1週目に学内のすべてのインターネットが繋がらなくなり、、
ウイルスが入ったらしいですよー
しかもかなりおっきいのが
この、この、このウイルスくんのせいで
着いたばっかで不安いっぱい、
わかんらんこといっぱい、
スカイプしたい、、
ファイスブック見たい、、、
履修はすべてオンライン・・・
っていうネットないと生活なりたたない!
環境にもかかわらず、約5日間ネットなし生活

そのため、1回目の授業に行けない人続出!!
まあ私も行けませんでしたが
そしてそして、
思った以上に履修がうまくいかない!
AIUとシステム違うんですよね~
知らなかったんですよね~
オリエンテーション1日しかないんですよね~
しかもオリエンテーションの日から
授業始まってました

まあはっきり言って授業に関するスタートは
悪かったです
でもみんなめげずに頑張っています
私も毎日60~100ページのリーディング、、
必死で終わらせています

1回目の授業に出れなかった分、
みんなに追いつかなきゃだめなんで、
先週はほんまに必死でした・・・
先週はパブもクラブも行ってません

そろそろ騒ぎたい
水曜日に友達のバースデイパーティがあるんで
そのときまで我慢!

はいはいはい、
ずれました!
えっと、授業です
今学期は、、、
★現代社会学
★想像社会学~考古工芸品研究~
★世界政治の国際化
★クルド社会と文化
を取っています

こっちに来る前に計画していたのと
随分変わっています
なぜなら、、!
ネットが繋がらなくて!
履修ができなくて!
ネットがないと、
オフィスの人たちや、
アドバイザーはなーんにもできないから

教授を訪ねて各オフィスを周ったり、
直接交渉もしましたが、、
無理なものは無理でした。。
やっぱりみんなネットがないと
どうにもならんらしい

でも今の新しい履修で私は満足です
レベルを下げたのもありますが、
宿題は多いし、
読む量はんぱないし(授業によりますが)、
各授業にアジア人私だけだし、
教授のブリティッシュイングリッシュ、、
聞きづらーーーーい
最近慣れてきましたが

社会学の授業は、
たのしいと思います
まだ始まったばっかなので
何とも言えませんが、、はい。
でも、日常の当たり前な存在について
じっくり考えたり、いろんな学者さんの
研究資料や学説を読むのはたのしいです!

先週は「家族」についての講義でした
アメリカの家族やイギリスの家族についての
読み物をひたすら読み続けました
家族と一言で言っても、カテゴリーは
いっぱいありますよね!
結婚、子ども、セックス、お金、昔と今の比較・・etc

来週からは「宗教」について!
これまたたのしみ

世界政治の授業はとにかく大変です
150人強の講義の他に、
10人程度のセミナー?ん~
復習の授業みたいなものもあって、
講義で聞き逃したり、
みんなで討論したい話題については、
ここで解決しましょう!って感じですかね
でも留学生にとっては、
それどころじゃないですね!笑
うん、みんな政治学専攻の学生なんで、
語る語る~~~
深いバックグラウンドが必要って毎回思い知らされます・・
でもAIUで国際関係取ってあってよかったです

クルド社会と文化の授業は、
まだ1回しか受けてないんですよ~
でも初回のクラスはほんまに興味深かった!
エクセター大学はアラブ・イスラム研究の分野が
とても発達していて、国内でも有名なんです
初めて勉強する分野なんですが、
やっぱり異文化っていいですね!
私は異文化を勉強するのが大好きです

この授業はレベル1のクラス、そして
クルドっていうレアな分野なので、
合計で7人の小さな講義です
講義ってか、セミナーみたいな感じですね!
発言もしやすいし、
質問もばんばんしますし、
教授も私に日本のことについて
意見を求めてくれたりするので、
居心地がよかったです

始まったばかりの授業ですが、
毎日頑張ってまーす

宿題は多いけど、
ほとんどが1時間の講義(1つだけ2時間続きです)、
そして週に1回だけなので、
結構時間割には余裕があります

3月はエッセイの提出オンパレード!
でもなんとか乗り切ります
それさえ終わらせれば、、、
ママと弟がイギリスに遊びにきます
ロンドン観光してから、ローマに飛びます!
などなど、、、
イースター休みはヨーロッパ旅が
待っているので、、、、
それらを楽しみに頑張りまっす

ではでは、
イギリスからあやなでした★
おやすみなさい

こんにちは!

2010. . 09
実は初めて書きます。

緊張してます。

ゆうなです。

絵文字が見つけられません。

かわいい絵文字、使いたかったなぁ。



私はアメリカのアーカンソー州にある、

ライオンカレッジという大学に留学しています。

1月10日に来たので、

もうすぐ

祝二ヶ月です。


アメリカの印象を、

一言でいうと


でかい』。


でかいって標準語かな?

秋田弁だったりして、と思ったけど、

『大きい』って意味です(笑

秋田出身なので。




食べ物も、

体も(失礼ですいません)、

心の広さやオープンさも。

スケールが、でかい。

気がする。 




食べ物は、スーパーに行くと、

何でも、びっくりするようなサイズで売ってたりするし、

食堂ではバイキングなんですが、

お肉ど~んとか、ポテトどさ~とか、

ピザの一切れもめっちゃでかい。


体については、あまり深く書かないでおこうと思います。

自分の心境の変化としては、日本にいた時より、

痩せたい願望は減りました。

何であんなに痩せたいと思っていたのかなって思う。

周りを気にしてたからかな。

アメリカに来てからは、

自分が思ってるほど、

周りの人は自分のこと気にしてないんだなって思う(笑)



あと、心の広さを感じるのは、

どこかにでかけたい時、車出すからいつでも言って!とか、

(バスも電車も何もないところなので)

ルームメイトのお母さんに会ったとき、会ってすぐハグされたりとか、

他にもいろいろ。

話が長くなりそうでやめました(笑



私が感じていることは

大きな大きなアメリカの

ほんの一部しか見ていないんだろうけど、

それでも、

感じたことを素直に記録に残したいなぁと思います。


また書きま~す。

日記書くのって楽しいな~。

ではでは。




アジア人

2010. . 07
お久しぶりに書きます!

さて、約4日前にマルタ共和国に着きました!
秋田の実家を1月31日に夜行バスで出発して、次の日(2/1誕生日・・・)に東京へ到着、その後19:00出発の飛行機を待つために13時に成田にチェックイン、約6時間を空港で過ごし(完璧に時間配分間違えた・・・)夜10:30に北京首都空港に到着、おばさんが出迎えてくれて北京で一泊して次の日(2/2)の夜12:00にドバイへ向けて出発、ドバイまでおよそ8時間のフライトを経て2月3日の朝4時に到着(時差があるからね^^)そして朝8時30分にドバイを出発して途中でラウナカという島を経由して、ついに8時間くらいのフライトを経て午後2時にマルタに到着

と、まぁなかなか長旅(合計3日フライト時間総計20時間)だったのですが、どうしてわざわざ北京に行ったりドバイに行ったりしたんだろうと思った方もいらっしゃると思うのでお答えします!

一番最初の僕のブログにも書いたのですが、僕の国籍は中国で、つまりパスポートは日本の青いパスポートじゃなくて中国の赤いパスポートで、実は中国籍の人はヨーロッパに入るためには(たとえトランジットで空港を出ないとしてもトランジットビザを取得しなくてはいけないらしく、そのためトランジットを取る時間のなかった僕は在中マルタ大使館の勧めで、トランジットビザのいらないドバイ経由で行くことになったのです!そのため出発が北京であるので、わざわざ北京までいかなければいけなかったという事です!(日本の方ならアリタリア航空やエアーフランス航空でイタリアやスイス、フランス経由をするだけで到着できるようです)

ただ、唯一北京ードバイの良い事として、日本から行くとなんと32万円もかかる(僕の出発時期はそうでした!)ところを北京から行くと約10万円(だったかな?)で済み、成田ー北京も格安往復券の"往"だけを利用すれば、2万3千円くらいだったので、ま、ほぼ1/3の値段で行けた事が挙げられます

と、まぁこんな感じで今マルタで日記を書いているのですが、マルタは朝晩は今の季節なかなか冷えるのですが(もちろん秋田市が今-4℃の-7℃というのに比べればずっと良いと思います・・・)日中は2リットルのミネラルウォーターを6本抱えて、3kgある買い物袋を肩に下げて15分程歩けばうっすらと額に汗が滲むほど暖かいです!

マルタの街はイタリアの人に言わせるとヨーロッパとアフリカの文化がちょうど混じった概観で設計されているようです。そのイタリアからの留学生はモロッコに行ったことがあるそうなのですが、ちょうどモロッコでも見たような建物をちらほらと見かけるそうです!


P2059329.jpg

P2049304.jpg
P2049297.jpg
P2059317.jpg


そして今からが今日の本題!!!
マルタに来て数日、まず一番感じたことは、自分がアジアンだというこ…

えっと、さっきからトイレを我慢していたので、あ~!!!
また、書きます!!!

それでは!!!!あ~!!

価値観の変化☆

2010. . 05
こんにちは
アメリカのミネソタからしょーこです!

気が付いたらもう2月で
こっち着てからもう1ヶ月が経った…らしい
授業はもうクイズやプレゼンも始まって
忙しくしながら楽しんでます
それにしてもこっちの学生は本当によく勉強する
日本の大学生とは意識が全然違うなーって感じる


色んな友達と出会う中で、やっぱりアメリカは
いろんな人が集まってるなーって言うのが一番の感想
なんか自分の価値観がたった1ヶ月で変わったみたいな
そんな気さえしてくる2ヶ月目です

私の部屋は屋根裏部屋

2010. . 03
みなさん、Gruss Gott! ついにオーストリアに着きました!

お久しぶりです。えりんこです。長い間放置していてすみませんでした。でも許して下さい。引越しにバタバタ、出国に、現地での生活に、新しいアパートに、授業もすぐ始って、なかなかブログを書く元気がなかったのです。

今は日々生きるだけで精いっぱいなのです。

秋田を出たのはたった4、5日前なのに、その間にいろんなことがありすぎて何からかけばいいのか分りません。

たったこの4、5日でいろんなことが変わりすぎて、

出会うものすべてが新しく、

未知なことばかりで、

そういった世界に飛び込んでいくことは好奇心とチャレンジ精神旺盛な私にとっては、

臨むべきところで

いろいろ発見しては楽しいのですが、

すべてが激変というのは

少々疲れてしまうのですね。

毎日、いろんな面でサバイバルです。

ですが、慣れてくれば何が大変だったかなんて忘れてしまいそうですので、

今感じているうちに書いておこうと思います。

出国から現地につくまでの過程にもいろいろありましたが、こちらの生活のほうが皆さん興味があるとかと思いますので、
今、私がどんな生活をしているのかお伝えします。

まず、今住んでいるアパートについて。

タイトルにもありますが、ええ、私の部屋は屋根裏部屋です 笑

まさかの天窓ひとつ、屋根はななめでございます。

まるでアンネフランクかハイジの部屋のようです。

住んでいるところは駅から徒歩10分くらいであちらこちらにトラムといわれる電車のようなものが通っていてかなり交通の便もよい、都会です。

その町中にある、ふっるーいヨーロッパ風のアパートの最上階です。

もちろんエレベーターというハイテクなものは存在せず、毎回4階の最上階まであがります。

ちなみにランドリールームとゴミ捨て場は地下にあるので

一年後はムキムキの足になっていると思われます。

外観をとるのを忘れてしまったのですが、いくつか部屋の写真をのっけます。

2010_0201_213422-CIMG1672_convert_20100205031018.jpg
これは私の部屋までの階段です

2010_0201_234440-CIMG1676_convert_20100205031158.jpg
オーガナイズされる前のベット

2010_0201_234445-CIMG1677_convert_20100205031242.jpg
キッチン

2010_0201_234456-CIMG1678_convert_20100205031854.jpg
天窓

2010_0202_035734-CIMG1690_convert_20100205032009.jpg
町はずれのイケアでベット用品購入

階段の写真だけ、間違えて大きくしてしまいました 笑

今まだあまりものがありませんが、少しずつそろえていきたいと思います。

大変なことを書こうと思ったのに写真だらけになってしまった・・・・

うーんとですね、とりあえずオーストリアはドイツ語圏なんです。

そんでもって私はいっさいドイツ語がわからないので、何を買うにしても、するにしても、行くにしても、

なんというか、すごく労力を使うのです。

若い人は英語喋れる人は多いけれども、いちいちお店で「これは何?、これは何? どうやって使うの?、調理するの?」とか聞くわけにもいかないんです。

そして聞いたところで、ちゃんとした答えが返ってくるかどうかはまた別問題です。

だから私のものすごーく限られたドイツ語の知識と町の地図と最低限の英語とかなりの推測によって物事を進めていくしかないんです。

その結果、ゴミ袋の開け方さえ分らなかったり、慣れない鍵の掛け方のせいで、よく自分の部屋やトイレに閉じ込められたりします。 あと、この間一番分らなかったことは、どれが洗顔料なのかということです。あげたらきりがないけれど、そういったこまかいところもいちいち分らないのです。
そして最近気づいたことは、日本ほど様々なものを安くうっているところは全くありません。
日本の100均がひとつあれば済むようなものが、どこを探しあるいても手に入らなかったりすることはよくあります。

それからちなみに町でアジア人を見掛けることはごくまれです。マイノリティーなので、よくじろじろ見られます。
あ、私はオーストリアの枠は一人だったので一人できてます。

こうやって書くとすごく大変そうに見えますが、うん、大変なんだけど、

慣れてしまえばなんでもないことなんですよね。

ここで人に頼ってしまってはいつまでたっても成長しない。

だから私はできる限り、自分でなんとかしようと頑張っています。

一応先輩は一人こちらにいるのですが、住んでいるところも違うし、いつでも頼れるわけではないので、なんとかしなくちゃいけないという状況もあるにはありますが。

今ちょっとあまり余裕がないので、マイナスなことばかり書いてしまいましたが、町はとってもかわいらしく素敵な街だし、友達もじょじょにできつつあるので、別に鬱とかそういうわけじゃありません。

ただひたすら今の状況をよりよくするために進んでいるだけです。

ちゃんとまとまらなくなってきてしまいましたが、そういうことです。うん。

街の様子とかクラスの様子とかもし要望があればまた写真付きでお伝えしたいと思います。

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次回はクラスについて書こうかな・・・






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。