スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に五体満足で帰りたい。

2010. . 19
お久しぶりです!マルタからしょーゆーがお伝えします。

いや~日記の更新滞りましたね~!大分長いこと更新していなかったようです・・・

というのも、実は理由があって・・・その理由っていうのが、僕は怠け者なのです・・・。
そしてどうして今日日記更新かと言いますと、そうです!やっと長い闘病生活から復帰して・・・なんてことは無く、やっと長いテスト勉強生活から昨日開放されたからです!(ま、テスト勉強生活というよりも、“テスト勉強を頑張ろうと思ったらいつのまにかテストとは全く関係の無い事に手を出して結局テスト範囲の20%もカバーできなかった生活”だったのですが・・;)

そんなことよりも!!!

マルタの生活をお伝えしたく、今日は一心不乱に指をキーボードの上で走らせたいと思います。
どうやら僕は前回の日記の中で荒れ狂うマルタバスの運転手についてお伝えするということを予告していたようなので、今回は彼らの習性と特徴を一つ一つ捉えてみようと思います。

1. バスの運転中に他のバスと並んだらレース開始の合図
もう、このままです。説明の必要も無いかもしれませんが、とりあえずレースが始まります。彼らは本気でレースします。どちらが早く運転できるか競うのです。もちろん全てのバスドライバーがレースを好む習性があるわけではないのですが、とりあえず僕は今まで2回ほどそのレースを”内側”から観戦しました。彼らはお互いのバスから顔を出し相手に向かってマルタ語で叫び合います。興奮するとかとそういうレベルではありません。一瞬マルタに骨を埋める覚悟をしてしまいます。そして勝ち負けは無いようです。目的地に着くと互いに笑い合っております。きっと戦友との激戦の後の感動的瞬間なのかもしれませんが、乗客は25分間シートベルトのないジェットコースターに乗らされた後のような感覚になります。ただし、2度目になりますが、全てのバスドライバーが公道でF1の練習をしているわけではありません。一部のドライバーに限ります。(もしその一部のドライバーに当たった日には足が興奮して眠れないでしょう。)

2. ドアは閉めない、むしろドアなんてない。
もう、これもその通りです。マルタのバスにはドアがあるバスとドアが取り外されて付いていないバスがあります。そして、たとえドアが付いていたとしても、決して閉めません。
決して。ドアの近くに座っている人はハラハラどきどきです。それが急なカーブの場合はなおさらです。そしてさらにそのドライバーがレースを始めたら・・・もう言い表す言葉もありません。

3. お釣りはあげないよ
これを説明する前にマルタでのバス運賃の払い方について説明します。マルタでは運賃は全て先払いです。バスに乗ったときに運転手に行き先を告げお金を渡すと、運転手は機械をポチポチっと押して切符をくれます。この切符は大切にしまわなければいけません。なぜならば、本当に時々ですが、チェック係のような男性が途中のバス停から乗り込んで本当にバス運賃を支払ったかその切符を見てチェックをすることがあるからです。料金はどこから乗っても、目的地に関係なく、ほぼ全て47セント(≒55円)なのでお金をわざわざ尋ねる必要はほぼありませんが、もし少し遠い所へ行きたい場合は数セント高くなりますので運転手さんに尋ねます。
そして本題に戻りますが、ほぼ半分半分の確立でバスの運転手はお釣りをくれません。もちろん、大きなお金を出した場合は大きな単位のお釣りをくれますが2,3セントのお釣りはほぼ諦めなければいけない時が多々あります。例えば50セントを出した場合47セントの運賃ならその差額の3セントは彼へのチップとなります。たまに1セントくれたり2セントだったり、そして2セント多く返してくれるドライバーもいたりと、人によってまちまちです。

4. 道に迷う
道に迷いました。たった一度ですが、マルタでとても有名なビーチに行くときのことでした。バスの運転手さんは大きなロータリーに差し掛かり右に曲がったのです。僕と友達はちょうどそのロータリーの道案内の看板をみていて、左に曲がってくださいと書いてあるのに気付きましたが、きっとバス専用のコースがあるのだと思い特に気にしませんでした。
そして5分ほど経ったころ、様子がおかしくなってきました。バスから見える道路は明らかに馬車が通ったり、農民の人が移動するのに使うような細い細い小道へと変わってきたのです。そしてバスの運転手はおもむろに止まり後ろを振り返りマルタ語で叫びました”ghaiuajnmaiohbgajgfoiha@” 。すると後ろに座っていた若いマルタ人の人が叫び返し、むくっとバスの運転手の方へと歩いていくと彼に道を教えている様子、そしてバスはバックを始めました・・・。その後、残りの道のりをその若いマルタ人の指示のもと彼は運転し続けました。彼は悪びれた様子も無く、むしろ到着したことに満足した様子で早く下りろと僕たちに指示しました。彼は道に迷ったのです。バスドライバーが道に迷った場面に遭遇したのはたった一度ですが、彼が今は乗客の指示無しに目的地に到着していることを願うばかりです。

5. お酒とタバコは止められない(あとたまにお昼御飯も)
もう、そのままです。マルタのバスドライバーは運転中にビールを飲み、タバコを吸い、お腹が空いたら、ハンドルから両手を離してでもパンにむしゃぼりつきます。
ヨーロッパ人の飲酒量や喫煙量は日本人に比べて非常に多いですが、(ヨーロッパに人特にイタリア人やマルタ人は自分で紙とタバコの葉の素を買って自分でタバコを巻き巻きしてお手製タバコを吸います)マルタのドライバーもその例外ではないようです。そして、とにかくよく食べます。たとえ車線からはみ出ようが、パンを食べるのは止められません。だってお腹がすいちゃうんだもん!といった理論でしょうか。とりあえず食べます。(マルタの若者の肥満率はアメリカよりも高いというデータが出ています)。もちろん全てのドライバーが飲んでは吸って、そして食べてをしているわけではありませんが、”運が良ければ”そういったドライバーに巡り合うことがあるでしょう!

6. たまに冷たい
マルタのバスはたまに止まりません。たとえバスを待っている人が大きく手を振ったとしても(マルタのバスを止めるにはタクシーのように手を振らなければいけません)バスは優雅に通り過ぎて行くことがたまにあります。もしかしてバスの中が満員で断られたのかなと思うのですが、外からバスの中を見ても確実に半分以上椅子が空いている場合がほとんどです。また、ある運転手は運転席からバス待ちの人がいるかどうかを一切見ることも無しに通り過ぎて行くことがあります。たまに、アジア人だから・・・??と思ってしまうことがありますが、一度マルタ人の学生もバスに無視されたのを目撃したことがあります。
きっとバスの運転手はバスを止めるのが面倒くさかったのでしょう。

7. たまにやさしい
先日、目的のバスを寸前のところで逃して次のバス停まで歩いていた観光客を後ろから僕の乗るバスの運転手が拾って、猛スピードでその逃したバスまで追いついて、そしてクラクションをおもいっきり鳴らして前のバスを止めてその乗客をそのバスに乗せてあげたとても親切なドライバーに遭遇しました。彼は運賃を要求することもなく、急げ!と言って前方のバスに乗らせてあげたのです!そのとき僕が今までマルタバスに対して抱いていた気持ちが角度にして3°ほど良い方向へと傾いたのです。飴と鞭ではありませんが、いつもマルタバスの残念な様子を見ていて、急にこのような心温まるシーンに出会うと、なぜかマルタバスが少し好きになってしまいました。


いかがでしたか?マルタの運転手の習性を少しでも理解して頂けたでしょうか。
日本のバスの運転手とはひと味もふた味も違ったマルタのバスの運転手。ストライキでも、誘拐でも、災害でもなく、マルタで生命の危機を感じる瞬間と言ったら、バスに乗る瞬間ではないかなと僕は思っております。

本当はもっともっと書くことが一杯なのですが、今書いているうちにまだ提出しなければいけない課題があるのを”運悪く”思い出してしまったので、今日はとりあえずここまでとしたいと思います!
課題をパパッと終わらせて、時間ができたらまたマルタについての報告をしたいと思います。一体どれほどの人がこの日記を読んでくださっているのかは分かりませんが、僕達の日記を読んで外国の生活に興味を持っていただけたらと願ってやみません。
それでは!また次会う日まで!Ciao^^b
スポンサーサイト

マルタ大学履修登録

2010. . 09
こんにちは!マルタからお送りします、しょーゆーです^^

今回は久しぶりの日記ということで、マルタ大学の履修登録システムと授業がどのようなスタイルで行われているかをお伝えしたいと思います

まず始めに、僕はマルタ大学の学期制で言うところの第二セメスターからの参戦となりました。本来マルタ大学に正規学生(つまりマルタ人/Maltese)として、または留学する生徒にとっては9月からが第一セメスターの始まりとなっており、12月のクリスマス休暇をはさみ1月の後半から2月の前半にかけて期末試験を受け、小休止を1週間ほど挟んですぐに第二セメスターが始まるとうシステムになっております(ちなみに第二セメスターは3月の末から2週間ほどの復活祭休暇をはさみ、6月の末のテスト期間までつづきます。)
そして、先ほどお話ししたようにAIU(僕が本籍を置く大学の略称)の制度のために僕は第二セメスターから参戦し、翌年つまり2011年の2月頃に日本へと帰国する予定となっています。たしかにこの時期に来ると、前セメからの友達とかが固まってたりしてちょっと入りにくいところもあるけど、それでも僕と同時期に来た人(ヨーロッパは留学システムがすごく発達してて、EU圏内で学費免除で半年または一年間色々な国に留学できるようなのです!)も多くさみしい思いはしないと思います(これからそうなると良いな・・・)。しかも!また新しいセメスターが始まればまた多くの新しい人に会えると思うのでそれもまた楽しみの一つだと思います!(もちろんお別れのときの寂しさもひとしおなのでしょう・・・



今回は履修ということで、留学前にどのように履修の準備をしたか、またどのように履修を実際にしたかを以下に書きます。
まず、2月5日にオリエンテーションが一日だけあり、その一日で履修やらキャンパスツアーやらをすべて終わらせられました。しかも午前中で
履修についてですが、その日の説明によると、次の週から1週間は自分で学部棟に出向いてそれぞれの学部の掲示板に貼っている今セメスター開講されている科目と時間のリストをチェックしなければいけないとのこと。
そしてさらに次の次の週は履修登録期間で、その週の終わりまでに全て履修をオンラインで完成させなければいけないといわれました。そしてそして!さらに履修登録期間の次の週の最初の3日間はAdd/Drop期間で、この時期に授業を2つまで追加、または2つまで落とすことができるのです(追加X2 落とすX2)

な~んていきなり言われて、はっきり言って全く理解できませんでした・・・。AIUとシステムが全く違う・・・。最初に思ったのがどうして自分で授業の時間をたしかめるのかなっていうこと。で、もしかしたら手書きだからオンラインで載せれないのかなと思ったけど、そんなことは無くしっかりとエクセルで作られた一枚の書類・・・。
つまり、疑いも無くインターネットで参照できるように処理できるってことだよね!?
実際この掲示板を探すだけで、一週間をほぼ全て使いましたT_T
正直掲示板に貼ってそれを探させる正当な理由が見つかりません・・・

そして、一番大変だったこと・・・

それは自分がマルタに出発する前に秋田で作成した履修登録リストに書いてある履修する予定だった科目が一科目もとれないということ!これは正直焦りました。
一個も!本当に一個も
なぜかというと、まず第一に、その科目が今学期は開講されていないから。(これはその掲示板を見ない限り、つまりマルタに来ない限りどうしようもないのです・・・。)そして第二に、これはAIUでもよくあることですが、授業の時間がかぶってしまうこと。そして第三に、いくつかの授業は第一セメスターから履修していなければ登録ができないということであり、僕の予定していた科目もいくつかその制度に阻まれてしまったのです・・・(これも掲示板を見るまでは分かりません・・・。)

そして次の一週間は新たに編成した履修登録リストを片手にメモした授業を実際に受けてみて、最終日までに本格的に履修を決めなければいけないなかなかハードな一週間でした!

そうだ!先ほど掲示板の授業日程ですが、あれがまた曲者で...よく変更がされるんです。
僕の場合はもうほとんど履修登録リストが完成して履修終了まであと2日という状況で、ある一つの掲示板の前を横切って運よく(悪く?)その変更に気付いたのですが、その一つのせいでもうぐちゃぐちゃになってしまいました。
そのため、僕は4つの授業を一度も見学せずに履修しなければいけない結果になったのです・・・。
もし僕がその変更がなされる前に履修していたと考えると恐ろしくて夜も眠れません(履修は一度してしまうともう変更はきかないといわれたからです。)

とまぁ、こんな感じであわただしく履修登録は完了したのですが、この履修登録期間中は本当に頭をいっぱい回したと思います!
そして思ったこと!マルタ大学は掲示板システムを廃止して、オンラインに授業日程などのデータを載せるべき!そうすれば、授業時間や科目にかんする突然の変更もずっと生徒が対応しやすくなると思う!
たしかにスローフードやゆとりが叫ばれる世の中だけど、授業の変更や開講科目くらいはオンラインでさっと済ましてもいいのではないのかなと思いました

そして授業についてですが、基本的には1つの授業は2時間でそれが一週間に一回。単位は4ECTS(2credits in AIU)
そのほかにも1週間2回それぞれ1時間の授業(4ECTS)や、一週間1時間の授業(2ECTS=1credits in AIU)とうような日程になっております。
ちなみに僕は今セメスターは8科目で30ETCS(15credits)を取っています。(僕の取っている授業についてはおいおい書きます!)

今回はこんな感じで、お送り致しましたが(おかしな日本語すみません!)マルタ大学を留学先に考えている方の参考に少しでもなればと思います。

それでは次回お会いする時は、先日参加した「超過酷!地獄のハイキング!~崖から落ちなくて良かった編~」、または「なんだこの荒っぽさ!~マルタ人ドライバーの気質にせまる編~」をお送りいたします^^b

それではまた会いましょう^^b

アジア人

2010. . 07
お久しぶりに書きます!

さて、約4日前にマルタ共和国に着きました!
秋田の実家を1月31日に夜行バスで出発して、次の日(2/1誕生日・・・)に東京へ到着、その後19:00出発の飛行機を待つために13時に成田にチェックイン、約6時間を空港で過ごし(完璧に時間配分間違えた・・・)夜10:30に北京首都空港に到着、おばさんが出迎えてくれて北京で一泊して次の日(2/2)の夜12:00にドバイへ向けて出発、ドバイまでおよそ8時間のフライトを経て2月3日の朝4時に到着(時差があるからね^^)そして朝8時30分にドバイを出発して途中でラウナカという島を経由して、ついに8時間くらいのフライトを経て午後2時にマルタに到着

と、まぁなかなか長旅(合計3日フライト時間総計20時間)だったのですが、どうしてわざわざ北京に行ったりドバイに行ったりしたんだろうと思った方もいらっしゃると思うのでお答えします!

一番最初の僕のブログにも書いたのですが、僕の国籍は中国で、つまりパスポートは日本の青いパスポートじゃなくて中国の赤いパスポートで、実は中国籍の人はヨーロッパに入るためには(たとえトランジットで空港を出ないとしてもトランジットビザを取得しなくてはいけないらしく、そのためトランジットを取る時間のなかった僕は在中マルタ大使館の勧めで、トランジットビザのいらないドバイ経由で行くことになったのです!そのため出発が北京であるので、わざわざ北京までいかなければいけなかったという事です!(日本の方ならアリタリア航空やエアーフランス航空でイタリアやスイス、フランス経由をするだけで到着できるようです)

ただ、唯一北京ードバイの良い事として、日本から行くとなんと32万円もかかる(僕の出発時期はそうでした!)ところを北京から行くと約10万円(だったかな?)で済み、成田ー北京も格安往復券の"往"だけを利用すれば、2万3千円くらいだったので、ま、ほぼ1/3の値段で行けた事が挙げられます

と、まぁこんな感じで今マルタで日記を書いているのですが、マルタは朝晩は今の季節なかなか冷えるのですが(もちろん秋田市が今-4℃の-7℃というのに比べればずっと良いと思います・・・)日中は2リットルのミネラルウォーターを6本抱えて、3kgある買い物袋を肩に下げて15分程歩けばうっすらと額に汗が滲むほど暖かいです!

マルタの街はイタリアの人に言わせるとヨーロッパとアフリカの文化がちょうど混じった概観で設計されているようです。そのイタリアからの留学生はモロッコに行ったことがあるそうなのですが、ちょうどモロッコでも見たような建物をちらほらと見かけるそうです!


P2059329.jpg

P2049304.jpg
P2049297.jpg
P2059317.jpg


そして今からが今日の本題!!!
マルタに来て数日、まず一番感じたことは、自分がアジアンだというこ…

えっと、さっきからトイレを我慢していたので、あ~!!!
また、書きます!!!

それでは!!!!あ~!!

心境~留学2週間前~

2010. . 15
風邪引きますたしょーゆーです(とりあえず今日の診断では豚にやられたわけでは無いようです。)でも熱が最高38.6度...

頭痛いし、目の奥熱いし、全身焼けるよう・・・

だがしかーし!

風邪なんかにヘコタレテなんかいられない!
留学まですぐそこ!(留学前にかかっておいて良かった・・・)


ってことで久しぶりに留学の事を真剣に考えてみようかなと思い、ブログ更新します!

以前書いたように、僕は地中海のど真ん中、マルタ共和国に一年間交換留学してきます!(でもマルタから国際教養大学に来た学生は今のところO人という状況・・・秋田はやっぱり魅力にちょっと欠けるのかな)

そこで今日は現段階で分かっている僕の渡マルタ(渡米的な)の旅行日程とマルタで生活するのに必要な資金(もちろん僕はまだマルタにはいないので現地で買い物したわけではないのですが、先に行っている友達や先輩のお話を参考に綴りたいと思います。)、あとは、好きなミュージシャンを何名か列挙します。

1:旅行日程

まず、2月1日の午前に新幹線で東京までひとっ走りします。そしてその日の午後7時30分に成田国際空港を発ち,11時頃に北京国際空港に到着します!(ちなみにこの日は僕の誕生日・・・一人で飛行機の上で祝いたいと思います)
その後、たぶん北京市内のどこかで一泊(中国の蘭州市という所からわざわざおばさんが僕を見送りに来てくれるらしい・・・そんなん良いのに・・・)
そして(たぶん)一日北京遊覧して、夜11時30分に北京からドバイ(今話題の超高層タワーの)に向けて出発します!
翌日(2月3日)の午前1時に到着してその後、午前8時台の飛行機に乗ります^^b(金とか買ってこうかな・・・)
そしてついに、2月3日の午後2時に念願のマルタ共和国に到着です
飛行場に着いたらタクシーを学校が手配してくれるらしいので、それに乗ってマルタ大学の寮に向かいます。
なんと、僕の寮費は2月4日から有効らしいので、2月3日を寮で過ごすにはまたお金を払わなきゃいけないとか何とか・・・)

って感じです。

ちなみにこの旅の旅費は・・・

新幹線がたぶん1万過ぎるくらい、成田ー北京の飛行機代が22000円くらい(格安の往復チケットの復を使わない感じです・・・)、北京からマルタ(ドバイ乗り継ぎ)が10万円弱(日本から直接行くとなんと32万円!!!!)

って感じです。

2.物価

マルタの物価は基本安いらしいです!ヨーロッパの国々の中ではなかなか低コストで頑張ってくれている国らしいです。ただ、僕の泊まる寮に関してはちょっと話が違って・・・
なんと1セメスターで1700ユーロ(22万円)!つまり月割りすれば、一ヶ月4万5千円とかかな・・・

ま、リゾート地のような国で生活するからには仕方ないのかな・・・
ただ、さっきも言ったように物価は安いので(日本の半分くらい?らしい・・・)なんとかやりくりして生きていこうと思っています^^

3.好きなミュージシャン

ゆず

とりあえず日本にいれるのはあとちょうど半月なので日本の空気をいっぱい吸いだめしておきたいと思います

ちなみに、

ま、とりあえず今日はここまでにしておこうかな...

それじゃまた近々会いましょう

(● ̄(エ) ̄●)ノ

2009. . 07
始めましてこんにちは!

色んな機能があるとつい使ってしまうしょーゆーですまたはランランとかランコリンとか。
ま、なんでも良いや。

早速ですが、自己紹介も兼ねて僕が一年間留学する予定のマルタ大学について説明しません。

最初は説明しようかなと思ったのですが、なにゆえ僕の所属する国際教養大学はリベラルアーツを推し進める大学であり、そのモットー(ちょっと違うかな…?)として、世の中には色んな考え方や捉え方があることを理解するべき!とあるので、ここにきて説明しないっていう考え方もあるっていうことを尊重したいと思いました。エッセイやばーい

ただ、今日は説明しないだけで、いずれ必ず自分自身の分析を添えてマルタ大学に留学に行くことになったいきさつと、もちろんマルタ共和国での一年間を生中継でお伝えしたいと思っております。

ちなみにマルタ共和国ってどこ?という質問が読者の方々からちらほらほらほらと聞こえてきたので、それにだけは答えたいと思います

マルタ共和国

イタリア半島に隣接したシチリア島の南に位置しています。公用語は、マルタ語と英語。イギリス連邦と欧州連合に加盟していて、カルタゴ、共和政ローマ時代に既に地中海貿易で繁栄し、その後一時イスラム帝国の支配に入ったこともあります。それに抵抗して戦ったマルタ騎士団がこの土地の名前を有名にているそうです。
小型犬のマルチーズの発祥の地であり、マルチーズの名はマルタに由来するらしですね。
Wikiから引用して語尾だけ変えた

つまりマルタ共和国は素晴らしい国っていうことですね

う~ん…基本、僕は結構怠け者で面倒臭がりなのでたぶんこれからもずっとこんな感じだと思います。

が、


せっかくこんなに良い機会を与えてもらったからには精神誠意込めて頑張りますので長い目で見守ってあげてくれますか。

おそらく僕の国籍のため(追々触れます)、日本語に、変ところあるよ。お願い、我慢ね。今日いっぱい読んだね。ありがとね





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。