スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾より最後の更新

2010. . 26
こんにちは。日本帰国まで残すところ20日あまりとなりました、イシモリです。

おそらくこれが最後の更新となるので、台湾での一年間を振り返りつつ、心境の変化や感想を少しばかり

書き綴りたいと思います。

第一学期(2月ー6月)

・空港であまりに言葉が通じずひどい目に遭ったので、開寮までの一週間一人でひたすら、スケッチブックとペン片手に台湾人(道端であった人)にからんでは、中国語を教えてもらう。
(この習慣は最初の学期ずっと続けた。おかげで老若男女問わず街にたくさん知り合いができた。)

・入寮→韓国人&台湾人との3人暮らし
僕が中国語を話せないことをいいことにルームメイトの韓国人(24歳のマッチョ)と隣の部屋のもう一人の韓国人(24歳 細マッチョ)に毎日いじられた。ただ彼らの母が送ってくる本場のキムチとてもおいしい。
彼らに反抗するため必死に中国語に取り組む毎日、、、結局今では仲のいい友達です。

・先生が何言ってるのか結局わからないままフィニッシュ

一学期目なのに全部中国語で授業をとってしまったため、一部の授業はまったくついていけず。日本語学科の科目をいくつか履修するものの、中間テストが50点だったりして日本人失格だなあとか思う。となりの台湾人はしっかり80点とってるし。先生のあの冷めた目は今となってはいい思い出です。

・英語を完全放棄
日常が中国語で染まってしまって英語の勉強をまったくしなくなる。ヨーロッパ人にも、ここは台湾だぜ!といわんばかりに中国語で話しかけるしまつ。ただだんだん「あなた香港人?」とかいわれるようになり手ごたえは感じる。

夏休み(7月ー9月)
熱中症すれすれの状態で真夏の台湾をひたすら歩き、中国語を磨いていく。
またサマーキャンプで台湾に来た日本人が僕の寮に住むことになり、通訳を手伝ったりする。そういえば中国人とも話ができた。

第二学期(9月ー1月)

・寮のメンバーも変わり新しい生活がスタート
台湾の生活もすっかり慣れて、楽しい日々が続く。先学期悩まされ続けた、蚊もすくなくなり、しっかりと寝れるようになった。 日本人と台湾人を主とし、ヨーロッパ人、韓国人、アメリカ人も少ないながらもいる宿舎。すごく楽しい。みんなの集まるロビーのすぐ隣の部屋に住むことになり、プライバシーも何もあったもんじゃなかったけど、慣れた。

・日本に帰りたくなくなる、、、けど航空券も買ってあるしやっぱ帰ろう。

充実した日々が続き、帰国のことを考えるのがいやになる。さらに雪の降る秋田を想像しただけで、鬱になりそうに 笑
まあ正直1、2年生のときは何でAIUには入ったんだろう?とか自分の選択に後悔していたけど、台湾に来る機会を与えてくれたAIUにはやっぱり感謝しなければならないと思う。(帰国後もどうぞイシモリコウヘイをよろしくお願いしまーす。)

・考え方に変化が生まれる。自己理解が深まる。

台湾で20歳の誕生日を迎える。、と、同時にもうただただ好き勝手やっていてはだめなこと、責任を持たなければならないことを感じる。いまだにリクナビとかほったらかしだし、絶対これだ!という将来の設計もできてないけど、親のため、大切な人のためなら、がんばって社会に出ようという気にはなった。
またAIUに入ってから、なんとなく回りについていけてないような気がしていたが、それは自分が十分な努力をしていなかったからなんだと感じた。僕は自分の好きなことしかしないような人間だけど、それでいいから、もっと努力しようと思った。



僕はこの一年間の留学を自分を変える一年間にしようと決めて台湾に来ました。数々の妥協はあったけれど、成功だったと自己評価してあげたいなあって思います!!

泣いても笑ってももう少しで日本に帰ります。1,2年生で楽をしすぎ、単位が大変なことになっているので腹をくくってやります。英語しゃべれないからって卑屈にならないでまた一からやり直します。
秋田は今どんな感じでしょうか?「白銀の世界」とかいわないでください、お願いします。


長くなりましたが以上台湾からイシモリでした。




スポンサーサイト

台湾と中国の話

2010. . 31
どうも、淡江大のイシモリです!

台湾での留学生活も気づけばあと3ヶ月も切り、、、
全力を尽くした感はありますが、まだまだ成長できそうです。


最近は小声で話すなどのスキルを使い台湾人に間違えられるのを楽しんでおります。
でも、10分あれば、ん、香港人??なんてことになるのでまだ発音はあまいんでしょう。

台湾で留学しているとよく聞かれることが、
「なんで中国に行かなかったの?」
この質問。

正直来る前は、中国と台湾の違いなんてほとんど知らなかったし興味も特になかった気が、、、

ただ中国は「未知の国」って印象だったかな。

台湾に来て実感することは中国と台湾の違い。
最近は台湾に留学に来る中国人も増え、淡江大の中でも時々目にします。

ただ、あからさまに中国が嫌いと言っちゃう友達もいますし、中国人って言われると、違う、俺は台湾人だ。という強調する人も多いです。

夏休み、たくさんの中国人が僕の住んでる寮にサマープログラム期間中だけ住むことになり、

そこで初めていわゆる「中国人」と話すことができたのですが、言語やなど習慣が台湾人とまったく違うことを知りました。


そして今週、、奨学金をゲットして調子に乗った僕は、授業を3日休んで、中国福建省の隣にある台湾の小島「金門」に小型飛行機で渡り、そこから船で中国に入国しました。

金門(昔、国民党と共産党の争った場所。軍人とお年寄りがほとんど。街は古いが観光地化が進んでる。)

73824_163999976957054_100000411580120_403086_2492168_n.jpg

やけにゆれの激しい飛行機で降り立つ。
一人、おまけに日本人だったので町の人からは、お前こんなところに何しに来たの?ってよく言われました。
島は意外に一日で回れます。沖縄にすごく似ている街だなあと(シーサーとか防空壕とか)

もともとここで2泊するつもりだったけど、海の向こうに中国が見えすごく行きたくなり、だめもとで港にむかったら、、、

「こいつ、日本人だって!中国に行きたいんだって!」てな感じで周りのおじさん達の手厚いサポートを受け、船に乗せてもらうことに成功しました。

アモイ
72244_164000896956962_100000411580120_403135_3794306_n.jpg

めちゃめちゃ都会!!

初めての中国!簡体字が読めない!

時間もなかったので夜のアモイをひたすら徘徊してみましたが、言葉で説明できない何か、雰囲気というんでしょうか、、やっぱり台湾と何かが違います。。

街は台北より都会。ただ台湾で見かけるナイキやアディダスなどは無く、中国のオリジナルブランド(?)がほとんどでした。

ただ少し暗がりに入ると危険な香りが漂いますね。

ここではあまり人と話す機会がなかったけど、すごく新鮮な感じ!初めて台湾に来たときのような、、、、

台湾と中国、中国gは認めてないようだけど、どちらも独自の文化を持っていて、やっぱり違う国なんじゃないかなあと個人的には思います。

でもできれば仲良くしてほしいですね。最近も映画祭でひともんちゃくあったみたいだし、、、

僕はまだひよっこで、確かな’目’を持っていません。

せっかくだから他の中国の都市にもすごく行ってみたい。見てみたい。
何が台湾と違うのか、同じなのかを自分の目で確かめたい。

中国の端っこアモイを訪れて強く思いました。

そして最後にカメラを盗まれました。

後半戦。

2010. . 02
にーはお!台湾淡江大のイシモリです。

なんだかんだで最後の一学期がスタートしましたね。あと4ヶ月で日本に帰らなくてはいけないなんて信じられないです。

今学期は取りたかった歴史課のいくつかの教科は先生に「一年そこそこの中国語でついていくのはきついぜ、、、」と諭されあきらめましたが、台湾通史、台湾文化産業概論など結局また中国語で授業をとってしまいました、、、

台湾に来てから、「ここは台湾だぜ!」とばかりの勢いでヨーロッパ人にも強引に中国語で話しかけたり、授業も中国語のみに頼ってきました。もちろん英語力が伸びるはずもなくEAP時代よりも話せないです。

その代わりに日常生活で中国語で困ることはほぼなくなったけど。。

一時期はAIU帰ったらどうしよう、、、とあせってましたが、もはや開き直ってしまいました 笑

もう、いいんです。たぶんなんとかなるでしょう。

セミナーの課題図書3冊、まだ決まってもいないけど、、、なんとかなるでしょう。

とにかくあと4ヶ月の台湾生活は一日も無駄にすることなく過ごしたいです。


台湾はトイレットペーパーが流せない。でも、がんばれば流れる。

2010. . 10
こんにちは。

父からの「帰国しろ!帰国しろ!」というスパムメールを無視続け台湾に滞在中のイシモリです。

2ヶ月半の夏休みは折り返し地点。2ヵ月半500元(日本円約1300円)の激安寮にお世話になっています。

5階建ての建物に4人の日本人、2人の韓国人しか住んでいなのですが、わざわざ1つの部屋に3人で住んでいます。

さらにサマーキャンプに参加する中国人(大陸)や日本人がたびたびやってくるのでけっこう慌しいです。

僕の隣の部屋に住んでた中国人は僕の渾身の「ニーハオ!」に見向きもせず、結局1週間無視続けられましたが、
何人かの中国人とはおしゃべりしたり、卓球したりして仲良くなれてよかった!

しかし、北京語と台湾国語(台湾版中国語)の差は関西弁と東京弁(こういう言い方あるっけ?)の比じゃないです、、

たとえば、捲舌と呼ばれる北京語の(shi zhi chi)の音が台湾では極端に(si zi ci)に近かったりで、台湾人の中国語は大陸とは少し違います。

声調とか使う単語も違ったりして、なかなかおもしろいです。

台湾人もよく聞き返したりしてたなー


内モンゴル出身の人の中国語は方言が半端なくて何言ってるか良くわかんなかったけど、適当に相槌うってたら友達になった!

ただ、中国はフェイスブックが使えないとのこと。政府の事情で。

夏休みはずっと台湾にいるつもりだったけど、最近になってすごく大陸に行ってみたいと思ってます。

とりあえず財布と相談だなあ。


(初めて1年経つか経たないくらいの中国語は8年間勉強してた英語を追い抜きました。もはや、英語話すモチベーションが残ってない、、、、これからどういう方向性でAIU生をやっていくかはのちのち話したいと思います)

では再見!!

僕の夏休み

2010. . 14
まさか温泉に行って自分でお湯を溜めさせられるとは、、、、、

石杜です。

しかもアンモニアの香りを通り越してまるでおしっこでした。くう、

たまに遭遇する台湾の負の一面です。

あ、今僕は二ヶ月半の夏休みの真っ只中です。

毎日が充実していてあっという間に時間が過ぎていくのを実感しますね、、、、

語学学校に通わず、自分で中国語を身につけてやる!と決めたので毎日必死に町を歩き回って中国語を使う機会を探しています。

しかし、台湾やっぱ暑いな~。

ほぼ毎日35度以上の高温で少し歩いただけなのに汗だくになってしまいます。太陽も厳しいしね~。

留学が始まり5ヶ月あまり。気づいたことは自分から積極的に動くことの大切さ。毎日新しい出会い、新しい発見があります。

最近は蛇の血を飲んだり、大道芸人とおしゃべりしてみたり、おじさんとおしゃべりしながら温泉に入ったり、、

中国語もだいぶ身についてきて香港人とか上海人に間違えられたりしますが、まだまだ理想に届かない!


僕はまだまだ台湾の文化背景の理解が足りないんだとおもいます。教科書だけじゃカバーできない、台湾の雰囲気、実生活を夏休みでしっかり吸収したいな。


記事を書いてて割りと留学も順調な気はするんですが、実は毎日葛藤と戦っています。


台湾が自分にしっくりきすぎて、AIUに戻りたくない(会いたい友達はたくさんいるんだけど、、、)。さらにはAIUを卒業しなくてもいいんじゃ?なんても思ってしまう。

両立させてやる!って思ってた英語も結局3ヶ月くらい中国語のみ使って生きてきた結果、AIUに入学したときよりできなくなったし、、、

来学期もすぐに始まるだろうし、真剣に将来何をしたいのか?ってことに向き合わなければならない時期に入ったのかな。。。

ほんとは石杜家の長男として、あんまり自分勝手で不安定なプランは立てられないんですが、うーん、、

一応頭の中にぼんやりと自分のしたいことは浮かびつつあるんですが、怖くて両親にはいえません 笑

とりあえず、これからも悩み続けます。


あーもっともっと台湾のことを知りたい!今考えられるのはそれだけ。おやすみなさい!

P7040973_convert_20100714003840.jpg

台中の大仏
P6270907_convert_20100714004147.jpg

淡水
35738_137383072946325_100000238989637_308337_7933464_n.jpg

寮のメンバー(一部)帽子かぶってるのが僕です。

34237_406720129468_844294468_4194432_5421260_n.jpg

寮の日本人&韓国人ワールドカップ観戦
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。