スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルタ良いとこ、一度はおいで^^b

2010. . 22
お久しぶり過ぎです...

信じられない程マルタ日記を空白のままにしてしまっていたようです><;

最後に書いた記事を読み返してみると、どうやらマルタバス特集をご報告していたみたいですね!

久しぶりの日記に少し手が震えておりますが、今回は僕がマルタ大学で履修した科目の紹介をしたいと思います!


マルタ大学はGS(Global Studies)とGB(Global Business)の両方の学生が留学申請をすることができます。
今回はGBの学生がマルタ大学に留学した場合にどのような科目が履修できるか、またどのような科目が提供されているかを簡単にお伝え致したいと思います。

まず初めに、GBの学生が注意しておかなければならないことは、マルタ大学には2セメスター有り、ある特定の科目は第一セメスターと第二セメスターの2セメスターに渡って履修しなければ単位取得はできないまたは履修することすらできないのです。例えば自分を例に取ると自分は2月にマルタに到着(つまりマルタの第2セメスターから!)したため、第一セメスター第二セメスターと連続して履修しなければいけない科目はどうもがいても、あがいても、履修できませんでした・・・。
さらに、数教科ですが、必修科目を先に終えなければいけない授業も中には存在します。
さらに、さらに、大学のホームページに記載されている科目は必ずしも受講可能とは限りません。セメスターの始まりの最初の2週間の間に張り出される(本当に張り出されます!オンラインで確認することはできません><;)開講科目予定表を確認するまで自分の受講できる科目を知るすべはないのです・・・。

と、まぁこれがマルタで履修できるであろう科目の状況です!

そして、前セメスターに自分が取って科目の内容は・・・

1. B to B marketing
2. Marketing Management
3.Issues in Social Policy
4.Theories of Social Policy
5.Malta's Tourism Development
6.Introduction to Business Management
7.Tourism, Culture, Identity and Ethnicity
8.Current Debates in Literary Theory

そして、驚きの真実がこの8科目に隠されているのです・・・それは・・・

なんと、例え8教科全ての科目をパスしてAIUの科目と変換できたとしても、14単位にしかならないのです・・・
ん?だから?と思われる方もいらっしゃると思いますが、よーく考えてください!AIUで1セメスターに8教科履修したら何単位になるかを!単純に全て3単位(AIUの基本単位かな?)で計算したら24単位になるのです!!!

14≠24ですよ!

確かに、一つの授業の授業時間がAIUよりも短いことは真実です(一科目一週間に一回2時間、または1時間X2日)・・・が!
期末試験が8個も一気に襲い掛かってくる辛さをくぐり抜けても(しかも評価は期末試験が100%の授業が多い のです!)単位取得率は非常に低い・・・

と、まぁこんな感じでなんだかんだ、マルタライフしてます。

こんな感じかぁー、なんだかんだかぁーと思われて少しなんだかなぁーと思われるかもしれませんが、それがマルタなのです!なんだかんだマルタなのです!!

先日も、マルタ大学の留学生担当者の方とお話をしていた時に、マルタの方の生活についての話題が出て、自分がマルタの方の時間に対する考え方を伺いましたら、『まぁ、これがマルタだからー、わかるでしょぉお~?マルタなのよーマルターね!マルタ~』と言われました。
分かります。分かりすぎる程分かるのです。半年以上もマルタ人を観察していると、分かってしまうのです。
なぜ『マルター』って4回も言うの?なんて疑問も沸かないほど分かるのです・・・・。

おっと、ちょっと脱線してしまいましたが、つまり僕が言いたかったことは、マルタを留学先に考えている方は、学業ももちろんですが、マルタ人の気質(日本と本当に異なります!むしろ、この雰囲気、空気の軽さ、ゆるい感じ、そして力が抜けるようなこの環境、マルタ共和国に一回来なければ本当に味わえないと思うのです!ちょっと誇張しちゃったかな・・・??)を自分の肌で感じて欲しいのです!!!

と、なんか今日書こうとしてた事と結論がだいぶずれてしまいましたが、
(だって、じゃないと何だかマルタに来たら単位変換とか上手くいかなかったり、授業の数少ないとか、そういう重い感じで結論まで行きそうだったんだもん!)
マルタ、楽しいですよ:P
おわり^^;

☆少しでもマルタ大学を留学先候補になさっている方の助けになることを祈っております。

ちなみに写真はマルタを代表するとも言われる"猫"です!この写真は学校の敷地内で撮影した一枚なのですが、こういう猫が学校中をうようよ歩き回っております!ちなみに僕の住んでいる寮にも数匹猫がスタスタ歩き回っております。以前食べ切れなかった食べ物をそっと外の廊下に置いて観察していたら、のそのそやってきて、かなりの量をペロリとたい上げていかれました・・・猫かわいいです^^(と、マルタ猫の可愛らしさを宣伝してみたり。。。マルタいいところだよーーー)

それではまた次の機会にまたお会いしましょう!
マルタ猫

スポンサーサイト

まりっぺの「初」イギリス留学記

2010. . 05
どーも、みなさんこんにちは!
まりっぺです(・ω・)ノ


イギリスに来て1週間です。


出発時期が遅かったので、日本にいても何も書くことが思いつかずにいたのですが・・・
ついに私も他のメンバー同様に留学記をスタートさせることができます!!!


私、イギリスに来るのは初めてなのですが
もう日本との違いに毎日驚いたり笑ったり困ったり・・・(´Д`;)うひゃー


というわけで、今日は初めてイギリスに来て思ったことを中心に書きますね!


まず、うわさ通りの天気です!笑
しとしと雨が多くて、それも降ったり止んだり
時には太陽が出てきたり・・・ほんとに気まぐれなお天気です。


そのせいか、イギリス人はほとんど傘をさしません。
フードで頭皮を守ってます。


まあ確かに小雨だし、ころころと天気が変わるので
傘を持ち歩くのが面倒なのかもしれません。


そんな中、町できれいなお姉さんが傘を忍者の刀のように
背負っている姿を見かけました。


両手が空いて便利なのはわかりますが
きれいなお姉さんだったせいか、私が忍者を想像してしまったせいか
思わず「ぷっ(´ー`)」と笑ってしまいました。


それからイギリスの女性についてもう一つ!
なんとみなさんタイツ一丁で出歩くんです。


一瞬、「あれ?ぴったりしたスキニー履いてるのかな?」
と思ったら、実はタイツ。


日本だったら、「スカート履き忘れてるよ!ヽ(゜Д゜;)」なんて言われそうですが、
彼女らは平気でタイツ一丁スタイルです。


これも文化の一つなんでしょうか。
日本で流行りだしたらちょっとやだなーと思いました。笑
え、まさか流行ってないですよね??


何の心配してるんだって感じですが
イギリスに来てから日本の情報がほとんど入ってこないので
状況が掴めず、ちょっと不安です。


「今の時代インターネットを使えば、ニュースや新聞に頼らなくても
世界各国の人々から直接、タイムリーでリアルな情報を手に入れられる。
それがグローバル化が私たちにもたらしたものだ。」


なんてことをこの間授業で教わりました。

なんかかっこいいけど、インターネットではにおいも味も
暑い寒い痛いなんていう感覚も伝わらないですよね。


やっぱり日本にいなきゃ日本のことはわからないし
タイツが流行るかどうかは日本の雑誌を読まなければ
わからないと思います。


話が逸れましたね!!すいません。


授業の話をしたので、履修に関して少しお話します!


今まさに履修登録でまいったことになっていまして・・・・

・取ったはずの授業が取れていないとか
・取ってないし、リストにも載っていない授業を
取っていることになっていたりとか
・授業時間が変更になったと言われたから慌てて
出かけていったら変更前の時間でよかったとか

┐(´Д`;)┌?


てな感じです。
大きい大学だから、システムが複雑なのかもしれません。
こんなときAIUみたいな小規模大学っていいなあ~
なんて思っちゃいます。


ふう!


そんなこんなで混乱の渦中にいるまりっぺですが
イギリスのおいしいティーでも飲んで
がんばりたいと思います!


そしてこれからも(なるべく)定期的に更新していきたいと
思いますのでよろしくお願いします^^

まりっぺ留学準備編

2010. . 18
あ、どーも!イギリス留学準備中のまりっぺです(・ω・)ノ

最近各地で雨の被害が大変みたいですね><
まりっぺの地元も一度ニュースで報じられました。

テレビを見ていたら突然地元が映って、レポーターが深刻そうに雨による被害について取材していたんです。びっくりして「お母さんだいじょうぶ!?うち浸水してない!?」とメールしたところ…
「あぁ、大変みたいね。」
と最高に興味なさげな返信が返ってきました。他人事かいって思いましたが、「あんたは何も心配せずに留学準備を進めなさい」というさりげない親の思いやりだと解釈し、私は留学準備に徹することにしました。


さて、前置きが長くなりましたが今回は留学準備について書いていきます!
留学準備組はみんな口を揃えて、準備が大変だのめんどくさいだの言っていますが本当にめんどくさい!!

特にイギリスはビザを会社に委託できず、全部自分でやらなきゃいけないのでめんどくささトップクラスだと思います

ほかの国、例えばアメリカなんかだとビザ申請の手続きを会社に頼めるんです。もちろんお金はかかりますが、複雑な手続きを理解したり必要書類について調べたりっていう手間を考えたら、慣れたプロにお任せるのも一つの手だと思います。

イギリスの場合それができないので、私はずいぶん苦しみました。いや、今リアルタイムで苦しんでいます

そんな大げさに言わなくても…って思ったそこのあなた!!
そんなあなたに、これまでの私のビザとの闘いをご紹介いたします!!


まずは「これを読まなきゃ申し込みできない」という細かい字でびっしり書かれた英文ガイド!
すべてに英語翻訳をつけなきゃいけないから揃えるのが大変!多くの必要書類
申請時に必要な長~~い申込フォーム(もちろん英語)

ぐはっ
これだけでも十分キツイ。。。がこれで終わるほど楽じゃないんです!

今年から申請時に「CAS番号」というものが必要となりました。

この番号は留学先大学から発行されるのですが、エクセター大学から「6月中にはメールでお知らせします。」と連絡があってから数週間音沙汰なし。あっという間に6月が終わってしまいました!

事務局にお願いして催促したところ、エクセター大学「焦らなくてもだいじょうぶだから!ちゃんと発行するから!」というイライラ感むきだしの返事が返ってきて、

それから数日後に
「CAS番号のシステムは今年導入したばかりで私たちも不慣れで苦労している。予定より遅れて申し訳ないが今週中にはみなさんにCAS番号をお知らせします。」
とメールが来たのがもう7月の中旬。おいおいおいおい、遅いでしょーーーーー!!!!(`へ´)

その後、確かに週末にCAS番号を知らせるメールが届きました。が、予定していたプランよりだいぶ遅れました。くそぅ。

こんな感じで、自分ではどうしようもないアクシデントに巻き込まれたりもするビザ申請!!
みなさんもイギリスへ長期滞在する際は早め早めに準備をして、何が起こっても大丈夫(`・ω・)bという状態にしておいてくださいね!

以上、まりっぺでしたー★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。